「Snapchat」がメンタルヘルスケア機能「Here for you」を発表

2月11日、インターネットの安全を考える「Safer Internet Day(セーファーインターネットデイ)」の日に「Snapchat」メンタルヘルスをサポートする新機能を発表した。

新機能「Here for you」は、Snapchattersが不安抑うつストレス自殺いじめなどに関するトピックを検索した際に、詳細は未発表ながら、地元の専門家によるサポートなどが受けられるようになる見込み。今後、数ヵ月かけてローンチされる予定だ。

昨年8月、「Pinterest」が搭載した「Compassionate Search(思いやり検索)」につづき、Snapchatもユーザーエクスペリエンスに介入していくことになる。若者の「SNS疲れ」が問題視されるなか、このメンタルヘルス機能がどのように作用するのか注視したい。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事