お肉を使わない「代用ジャーキー」でも、ビールを美味しく飲める?

ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナッツです。

ココナッツジャーキーが
じわじわ来てるらしい

食べた人の感想によると、なんでもビーフジャーキーのように嚙りついて手で引きちぎるような固さではなく、適度に柔らかく、噛んでいくとじんわりココナッツ固有のあの甘みがじんわりでてくるんだとか。

東南アジアを旅していると、薄くスライスした豆腐や湯葉を乾燥させて、同じように醤油やスパイスで味付けした代用ジャーキーを見かけることがあります。たとえば台湾の「豆乾(中国では豆腐乾)」のように。

ビーガニストやマクロビストたちの多い欧米で、今こうした代用ジャーキーが求められるのも、まあ必然といえば必然なのかも。

お肉に「似せる」ではなく、
お肉の上をいく味?

使用するのは、フィリピンで採れた完熟前の緑色のココナッツ。これを独自製法のフルーツ果汁とスパイスで作られたソースにマリネして、あとは乾燥させるだけ。工程はたったこれだけだそう。

にんにくとブラックペッパーで味付けをした「Original」、熱帯の柑橘とピリ辛風味の「Chili Lime」、そしてジャーキーの定番「Ginger Teriyaki」の3種類。ビーフジャーキーの風味に似せようというのではなく、あくまで乾燥ココナッツを楽しむためのフレーバーなんだとか。

「ホールフーズ」の
お土産の定番となるかも

ココナッツの成分が広く注目されるようになり、欧米のヘルスコンシャスな人たちのあいだで大注目となったココナッツウォーター、さらにはココナッツオイル。けれど、果肉そのものを食べるという感覚は、もしかしたら薄かったんじゃないかな。

すでにホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)では、5.99ドル(約690円)で発売。話題性もあって、これはいいお土産になるはず。いやいや、今すぐにでも食べてみたい!という人には、オンラインでの通販も受け付けているようですよ。

ビールに合うかどうか、ぼくとしてはこの1点だけ気になるなぁ。

Licensed material used with permission by Cocoburg LLC
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
食べた瞬間にココナッツだと分かるくらいココナッツしてます。
だし巻き玉子に衣をつけてフライにし、まぐろ節をふんだんに練り込んだ専用食パンでサンドする。新ブランド「だし巻揚げサンド専門店 まいてあげる」がオープン。
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
今もっとも注目を集めているといっても過言ではないカリスマ的ラッパー、トラヴィス・スコットが発売した新商品が話題に。発売されたアイテムは、コットン100%の...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
僕にとってキーツールは、すごく役立つものっていうよりも、賑やかしの要素が強い。キーホルダーと同じようなポジションだと思ってる。だけど、〈NITE IZE(...
お肉がどんどん美味しくなる調理方法です。
米企業「インポッシブル・フーズ」が開発・製造する植物由来の人工肉が、米食品医薬品局(FDA)の承認を得て、スーパーマーケットなどで製品を販売できることに。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
キャッシュレス時代にぴったりな、スマートにカードを取り出せるスライド式ウォレットをご紹介。
滑らかにする、というより感度を高めて濡れやすくする。塗って少しすると、じんわり熱くなってくるんです。
イギリスの大手スーパーマーケット「ASDA」が、国内の全店舗から精肉・鮮魚コーナーをなくすと発表。13店舗ですでに実施されており、2020年末までに150...
栃木県小山市で予約の取れない焼肉店「うしやのせがれ」をご紹介。牛農家の息子が厳選する、おやま和牛を中心としたその日一番いい肉の盛り合わせや、名物の赤身肉3...
この写真は「インポッシブルバーガー」という商品。一見、肉厚でジューシーなパティに見えるけれど、肉は一切使用されていません。植物でつくられているんです。見た...
毎月29日の「肉の日」に、肉を知り尽くした“肉のプロたち”が厳選したお肉が定期で届くサービス「お肉のサブスク(定期便)」が今月1日からスタート。
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
近年、豆乳やアーモンドミルクでつくる「ヴィーガンヨーグルト」が女性たちの間で人気です。そこに今、海外セレブが注目する新たなヘルシーフードが登場しました。こ...