お肉を使わない「代用ジャーキー」でも、ビールを美味しく飲める?

ミミガーや豚皮のおつまみのようにも見えるこのビジュアル。これが今、アメリカで密かなブームを呼んでいるお肉を使わないジャーキー。代用するのは、100%ココナッツです。

ココナッツジャーキーが
じわじわ来てるらしい

食べた人の感想によると、なんでもビーフジャーキーのように嚙りついて手で引きちぎるような固さではなく、適度に柔らかく、噛んでいくとじんわりココナッツ固有のあの甘みがじんわりでてくるんだとか。

東南アジアを旅していると、薄くスライスした豆腐や湯葉を乾燥させて、同じように醤油やスパイスで味付けした代用ジャーキーを見かけることがあります。たとえば台湾の「豆乾(中国では豆腐乾)」のように。

ビーガニストやマクロビストたちの多い欧米で、今こうした代用ジャーキーが求められるのも、まあ必然といえば必然なのかも。

お肉に「似せる」ではなく、
お肉の上をいく味?

使用するのは、フィリピンで採れた完熟前の緑色のココナッツ。これを独自製法のフルーツ果汁とスパイスで作られたソースにマリネして、あとは乾燥させるだけ。工程はたったこれだけだそう。

にんにくとブラックペッパーで味付けをした「Original」、熱帯の柑橘とピリ辛風味の「Chili Lime」、そしてジャーキーの定番「Ginger Teriyaki」の3種類。ビーフジャーキーの風味に似せようというのではなく、あくまで乾燥ココナッツを楽しむためのフレーバーなんだとか。

「ホールフーズ」の
お土産の定番となるかも

ココナッツの成分が広く注目されるようになり、欧米のヘルスコンシャスな人たちのあいだで大注目となったココナッツウォーター、さらにはココナッツオイル。けれど、果肉そのものを食べるという感覚は、もしかしたら薄かったんじゃないかな。

すでにホールフーズ・マーケット(Whole Foods Market)では、5.99ドル(約690円)で発売。話題性もあって、これはいいお土産になるはず。いやいや、今すぐにでも食べてみたい!という人には、オンラインでの通販も受け付けているようですよ。

ビールに合うかどうか、ぼくとしてはこの1点だけ気になるなぁ。

Licensed material used with permission by Cocoburg LLC
ココナッツミルクを使った「ヴィーガンホイップ」が、いま密かにブームになっているんです。
僕にとってキーツールは、すごく役立つものっていうよりも、賑やかしの要素が強い。キーホルダーと同じようなポジションだと思ってる。だけど、〈NITE IZE(...
近年、豆乳やアーモンドミルクでつくる「ビーガンヨーグルト」が女性たちの間で人気です。そこに今、海外セレブが注目する新たなヘルシーフードが登場しました。こち...
ロサンゼルス・ドジャースの本拠地ドジャー・スタジアムで食べるべきグルメです(番外編)。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
週末につくり置きしておけば、どんなに疲れて帰ってきた夜も、極上のバスタイムが楽しめますよ!
ダイエット中ならば、砂糖はなるべく控えたいところ。けれど、毎日の食事の中で完全に“砂糖抜き”は難しい…という人もいるでしょう。そこでおすすめしたいのが「コ...
いつもの醤油をちょっとだけアレンジしてみたら、あらら意外や意外。おいしい発見がありました。
日本人の私たちからすれば、お米は水で炊くのが常識。ですが、赤道付近の南洋諸島では、だいぶ勝手が違うようです。水の量を減らしてそこに加えるのは、なんとココナ...
心温まる動画をご紹介。
これがあればもう出先で“充電用ケーブルがない!”なんてことにならないはず。
カラビナ部分だけじゃなくて、ベルトや糸、キーリングまで色が統一されていて、洒落っ気たっぷり。バッグのハンドルなんかに付けて、アクセントとして楽しむのにちょ...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
近年、美容や健康にココナッツが大注目。オイルやミルクが当たり前のように手に入るようになってきました。で、そのココナッツブームとともに日本に入ってきたのが「...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
お肉だけではなく、卵や乳製品、はちみつなどの動物由来の食べ物を一切控える「Vegan(ビーガン)」は、日本で実践しようと思うとなかなか難しそうですが、それ...
一年中半袖で過ごすことができるタイですが、温かくして食べるデザートが意外に多いんですよね。ここに紹介する「グルアイ・ボッチ」もあつあつのタイ風ぜんざい。調...
3つの船体をいかだのように平行に連結した、フランス生まれのトリマラン型のプレジャーボート。2013年のデビュー以来、改良を繰り返してきました。これが、スゴ...
サンドイッチやスナックを持ち歩く時、お弁当箱だとかさばる。でもラップやビニールバックだと心もとないし、なにより可愛くない。だったら「見せたくなる透明バッグ...
動物の細胞から人工的に作り出されたお肉を提供する「Memphis Meat」。痛みの少ない方法で動物から摂取された細胞を培養することで「クリーンミート」と...
チェコにできたキャッシュレスマーケット。クラフトビールからアパレルショップまで様々なものが売られています。
真鍮のワイヤーを曲げて、キャップを付けただけ。だけど、カギをつけるアクセサリーに劇的な機能やブランドの記号を求めてない自分にとっては、完璧です。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。