「ピーナッツベースの代替肉」が上海で登場!

従来のお肉の味と食感を残しつつ、100%植物性原料を使った代替肉

今、畜産に伴う環境負荷動物に対する倫理問題の解決策として、フェイクミートがひとつの希望となっているなか、中国・上海で驚きの素材を使用した代替チキンが登場し、話題を呼んでいる。

2020年に発足したスタートアップ企業「haofood」が、今年、上海のレストラン5店舗と正式に提携したことでニュースとなった代替肉の原料、それは──ピーナッツ

もちろん、卵や乳製品、動物性の原材料を一切使用しない100%ヴィーガン仕様だ。

たった4人のメンバーでスタートした「haofood」。創業者のひとりでありCEOのAstrid Prajogo氏は「娘がベジタリアンになったとき、食べられるものが制限されてしまうことに不安を感じていた。だからこそ、もっと簡単に、負担なくお肉をやめ、食事を楽しめるようにしたかった」と語っている。

ジュワーッと口に広がる旨味食感は本物のお肉とそっくりでありながら、環境にも優しい、人にも優しい代替肉がピーナッツを原料にしているなんて......。

代替肉とピーナッツの可能性と未来をもっと知りたいなら「haofood」のサイトをご一読あれ。

Top image: © iStock.com/Mindstyle
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
バーガーチェーン最大手「マクドナルド」初となる植物ベースの代替肉バーガー。2021年より発売開始。
日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
「スノーピーク」が2024年春、栃木県鹿沼市に関東初となる直営キャンプフィールドを開業することが発表された。
ラーメンチェーン店「麺屋武蔵」から、植物肉でできた角煮を使用した、プラントベースのラーメンが誕生。
「ネクストミーツ」と「ユーグレナ」が共同で開発した、ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を配合した代替肉「NEXTユーグレナ焼肉EX」が発売。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
いま、スペインで飛ぶように売れている、肉なし「ハモン・セラーノ」。スペインのスタートアップ企業「Rollito Vegano」が、ヴィーガン仕様の生ハム「...
全国の「IKEA」にて3月29日(日)まで開催中の「ベジ&ミートバーガーフェア」で「プラントベースフード」を使用したハンバーガーが販売されている。
「Billboard JAPAN」をパートナーに、「ジョニーウォーカーブルーラベル」をイメージしたオリジナル選曲のペアリングプレイリストが誕生した。
アジア発フードテックの植物性代替肉「オムニポーク(OmniPork)」が、5月18日より一部小売店での販売をスタート。2020年には都内・大手外資系5つ星...
現在、ノルウェーのみで提供されているヴィーガン向けの「マックナゲット」。ヒヨコマメや人参、じゃかいもやカリフラワー、コーンや玉ねぎが使用されているとのこと...
世界初、焼肉用の代替肉「ネクスト焼肉シリーズ」が登場。一般的な焼肉と比べ、脂質は半分以下、タンパク質は約2倍。見た目、食感、風味も本物の肉と見紛うほどの高...
ことわっておくと、僕はヴィーガンではありません。肉が大好物だし、牛乳もたくさん飲みます。けれど、ヴィーガンへの理解を深めたいと思っているひとりです。
植物由来の人工の代替肉が話題の米「Impossible Foods(インポッシブル・フーズ)」が開発した「Impossible Burger(インポッシブ...
「Arby's」というファストフード店が、肉でできた野菜「Megetables」を作ることに。
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
フードテックベンチャー「グリーンカルチャー」が植物肉「Green Meat」を使用した「Green小籠包」を発表した。
カナダ「Pizza-Hut」が新たに代替肉を用いた新メニュー「Beyond Italian Sausage Crumbles」シリーズの発売を開始
植物由来の代替肉を販売する「The Vegitarian Butcher」(本社・オランダ)の日本支社は、9月2日、ファストフード専門のゴーストレストラン...
フェイクミートが市民権を得たアメリカで、次なる動物性不使用製品としてフェイクエッグが注目されている。この記事で紹介するのはその代表格である「JUST Eg...
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
タピオカでんぷんと海藻グルコースをベースに作られた100%植物性の「ヴィーガン刺身」。ついに世界へ。
「ネクストミーツ」より昨年リリースされたプラントベースの牛丼「NEXT牛丼」が缶詰になって登場。非常食としても大活躍する「NEXT牛丼CAN」。
「BOTANIST」は、環境に配慮したサステイナブルな社会を目指す取り組みの第一歩として、また、多様なライフスタイルに合った商品を提供をしたいという想いか...
魚や甲殻類から細胞を抽出し、これらの細胞サンプルを大型のバイオリアクターで増殖させることにより、さまざまな種類のシーフードを作るという。
ミシシッピ州では、植物由来の代替肉を「肉」などと表記するのが禁止に。ビヨンド・バーガーの“バーガー”はNG。ヴィーガンホットドックなんていうのもアウトとなる。
パティ4枚使用の「バーガーキング」人気シリーズ「超ワンパウンドビーフバーガーシリーズ」に最新作が登場。あれ、、バンズは……?
スウェーデンの人気ハンバーガーチェーン「Max Burgers」は、5月末から一部のバーガーのお肉を“植物肉”に変更可能だとしています。自社開発されたもの...