史上初、英ベスト・オブ・ケバブは「肉なし!」

ストリートフードでおなじみ「ケバブ」にもヴィーガンの波。

イギリスで毎年開催される「British Kebab Awards」。そのテイクアウト部門において、一般投票から選ばれ150店のファイナリストの中から最も美味しいケバブに選出されたのは、鶏肉でも羊肉でも牛肉でもない「What The Pitta」のヴィーガンケバブ

お肉の替わりに大豆ミートを使うほかは、ミックスサラダ、フライドポテト、ヨーグルトソースなど一般的なケバブのそれだ。

© What The Pitta / Instagram

今年で8年目を迎えた「British Kebab Awards」だが、ヴィーガンが選出されたのは初めてのこと。受賞が決定した際、会場にいた約1200人の聴衆からは、拍手に混じってブーイングも飛んでいたと英夕刊紙「Evening Standard」は報じている。

なかには「正当なケバブじゃない!」といった意見もあるだろうけど、多様化する食のトレンドにおいて、ミートフリーは確実に人々の関心の捉えている。そんな印象を受けるニュースだ。

Top image: © Shanti Hesse/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日進月歩の「代替肉」市場。今年も話題に事欠かない一年でした。
肉まん、あんまんを展開する「井村屋」から、冷凍食品の新商品として大豆ミートを使った「大豆ミートまん」が登場。
欧米を中心に肉の代用となる「植物性ミート」の需要が急速に高まっています。なかでもヘルシーで栄養満点の「大豆ミート」。その利点と使い方について紹介します。
フランクフルトで開催される世界最大の「食肉産業機械国際見本市(IFFA)」が、次開催となる2022年より、代替肉に門戸を開くことを発表。
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
色も食感も本物そっくりにつくられた、香港発、プラントベースの代替肉「オムニミート」。アジア圏での消費を見越して、牛ではなく豚の代替肉を研究開発することで、...
食のセレクトショップ「久世福商店」から、大豆ミートを使ったお惣菜「日本全国ごはんのおとも旅」が登場。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。