台湾の「ファミマ」でバカ売れ。植物性ポーク使用の「レンチンごはん」

台湾に展開する「ファミリーマート」で、香港発の植物性ミート「OMNIPORK」を使用したインスタントミール「Mom's Cuisine」が登場。

タイ風「ガパオライス」と韓国風「ジャージャー麺」の2種。レンジで温めるだけの手軽さが売りだ。そのどちらにも豚肉の代わりに、大豆えんどう豆しいたけを主原料とする「OMNIPORK」が使われている。

すでに台湾では「OMNIPORK」入りのヴィーガン餃子が、毎週100万個売れるファストフード店が登場するなど、注目度は高い。成功の背景にあるのは、同じ代替肉でも中華文化圏の食文化にフォーカスし、牛肉ではなく消費需要の多い豚肉に着目した点だ。

台湾全土で3600店を展開するファミリーマート。全店で「Mom's Cuisine」が買えるとあって、ヘルシーでエコフレンドリーな食トレンドの新しい波になることは間違いない。台湾旅行の際にチェックしてみては?

「OMNIPRK」入りカップ麺とライス
©OmniPork and FamilyMart
Top image: © OmniPork and FamilyMart
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事