台湾の朝はヘルシーな潤餅(ルンビン)からスタートする

台湾のヘルシーな朝食、おかゆや豆漿(ドウジャン)はもう定番中の定番。ですがここへきて最近、健康意識の高い人たちや若い女性を中心に、朝のチョイスに変化があるようです。彼らの新定番、それが「潤餅(ルンビン)」。

何を巻いてもOK
野菜たっぷりヘルシークレープ

ルンビンは、クレープのような薄い生地に具材をのせ、ラップして食べるというもの。野菜をたっぷりと包んだヘルシーなワンハンドフードです。朝食にぴったりのルンビンがこちら。

D434455a03aced8269fc11647d49a55148410eef

 <材料:生地4枚分>

水:200ml
サラダ油:適量
パクチー:20g
豚ひき肉:100g
キャベツ:2枚
にんじん:1/3本
もやし:60g
オイスターソース:小さじ1
塩こしょう:適量 

A 薄力粉:100g
A 片栗粉:20g
A 塩:小さじ1/6
A 砂糖:小さじ1/2

B ピーナッツ:30g
B 砂糖:小さじ1
B 塩:ひとつまみ 

<つくり方>

Aの材料に少し水を加えて混ぜたら、サラダ油を中火で温めたフライパンに薄く広げ、クレープの要領で生地をつくっていきます。

Bの材料をフードプロセッサーで混ぜ、 パクチーは4センチ幅、キャベツとにんじんは千切りにカット。フライパンにサラダ油をひき直したら、中火で熱し、豚ひき肉を色が変わるまで炒めましょう。さらにキャベツ、にんじん、もやしを加え、オイスターソースと塩こしょうで味付け。

具材が冷めたら、生地にパクチーと具材をのせて、手前からくるくると包んだらできあがり。

台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
余談ですが“バッファローウィングフレーバー”も同時に売り出すようです。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
いろんなミントキャンディを試した結果、ここに落ち着きました。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
「棺桶パン」、そのネーミングだけもインパクト十分なのに、見た目はそれ以上に迫力大。いまや、台湾B級グルメの定番として君臨するこのローカルフード。夜市で目に...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
正月、お雑煮に飽きたら作ってみたいなと思っているのが「お餅で作るチーズ」。そのまま食べたり、サラダに入れたり、サンドイッチに挟んだり、食べ方も色々とアレン...