台湾の朝はヘルシーな潤餅(ルンビン)からスタートする

台湾のヘルシーな朝食、おかゆや豆漿(ドウジャン)はもう定番中の定番。ですがここへきて最近、健康意識の高い人たちや若い女性を中心に、朝のチョイスに変化があるようです。彼らの新定番、それが「潤餅(ルンビン)」。

何を巻いてもOK
野菜たっぷりヘルシークレープ

ルンビンは、クレープのような薄い生地に具材をのせ、ラップして食べるというもの。野菜をたっぷりと包んだヘルシーなワンハンドフードです。朝食にぴったりのルンビンがこちら。

 <材料:生地4枚分>

水:200ml
サラダ油:適量
パクチー:20g
豚ひき肉:100g
キャベツ:2枚
にんじん:1/3本
もやし:60g
オイスターソース:小さじ1
塩こしょう:適量 

A 薄力粉:100g
A 片栗粉:20g
A 塩:小さじ1/6
A 砂糖:小さじ1/2

B ピーナッツ:30g
B 砂糖:小さじ1
B 塩:ひとつまみ 

<つくり方>

Aの材料に少し水を加えて混ぜたら、サラダ油を中火で温めたフライパンに薄く広げ、クレープの要領で生地をつくっていきます。

Bの材料をフードプロセッサーで混ぜ、 パクチーは4センチ幅、キャベツとにんじんは千切りにカット。フライパンにサラダ油をひき直したら、中火で熱し、豚ひき肉を色が変わるまで炒めましょう。さらにキャベツ、にんじん、もやしを加え、オイスターソースと塩こしょうで味付け。

具材が冷めたら、生地にパクチーと具材をのせて、手前からくるくると包んだらできあがり。

どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
台湾の夜といえば屋台(夜市)。なかでも現地の人たちにも人気なのが「胡椒餅」です。表面はカリカリなのに、もっちりの皮でジューシーなひき肉のあんを包んだ、肉ま...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
小籠包、魯肉飯、牛肉麺、タピオカミルクティーにかき氷。それぞれお気に入りの専門店があるはず。でも、台湾庶民の味ならばコチラ!
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
この国の「安うまグルメ」から抜け出すことは、容易ではない!
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
台湾の総統府に宿泊できるという企画が発表され、申し込み受け付けが開始された。応募要項にはSNSに関連するいくつかの条件や事項などが含まれている。
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。