インド風コロッケはスパイシーなだけでなく、「屋台っぽさ」が決め手

インドを旅していると、道端の屋台にはじつにたくさんの“地元めし”があることに気づきます。ここで紹介するホットスナック「アルー・ティッキ」もそのひとつ。1個20ルピー(約34円)程度で、学校帰りの子どもたちの買い食い姿をよく目にします。

見た目はほとんどコロッケ。でもこちらは揚げ焼きにしてあるため、日本のようにたくさんの油は要りません。

9fc1eca1e63f2abc0f4a115856f16d6c33279a95

クミンを入れたり、コリアンダーを入れたり、店によってスパイスは様々。今回は、カレー粉で再現します。

じゃがいも(1個)の皮をむいてひと口サイズに切ったら、耐熱ボウルに入れてラップし600Wのレンジで5分ほど加熱して火を通します。じゃがいもが熱いうちにつぶし、カレー粉(小さじ1/2)、パン粉(大さじ3)、塩を加えてまぜて、平たい団子状に丸めてから全体に小麦粉(適量)をまぶします。鍋に多めのサラダ油(適量)を入れて中火で熱し、揚げ焼きにしたら器に盛って完成。

お好みでトマトケチャップとウスターソースを1:1で混ぜ、ディップしながら食べるものオススメ。

あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
タイ風焼きそばと聞くと、多くの人がイメージするのが「パッタイ」でしょう。ですが、タイにはもうひとつ代表的な焼きそばがあります。屋台料理の定番「ラッナー」。...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
あのカルティエが9月21日〜30日の期間限定でコンビニ「カルチエ」を表参道にオープンしました。
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
冬場の鍋もの料理に欠かせない食材がタラ。今が旬の味覚です。ところがこのタラ、他に思い当たる料理といえばムニエルに、あとは…となかなかバリエーションが出てこ...
ビールに合うおつまみを求めて東南アジアを旅すれば、その量でNo.1の国はフィリピンかもしれません。なかでもこの「シシグ」は、ピリ辛の豚肉に卵黄を絡めて食べ...
インド・デリーの学校では、新たに「幸福」という名の授業が始まっています。学歴社会でストレスを抱える子ども達が、幸せになれるようにということです。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
インドネシア・バリ島で手軽に味わえるおやつ「ロティ・バカール」。食パンのあいだにチーズ、ジャム、練乳をベースにお好みの具をはさんで、鉄板で焼いたバリの屋台...
コロッケやメンチカツは、好きな人が多い一方で、作るのにちょっと手間がかかります。油で揚げるのは、どうしてもハードルが高いですよね。でも、ここで紹介する作り...
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
全世界196カ国の料理が載ったレシピ本。見たこともないような料理も登場しますが、スーパーで売っている材料だけで作れます。
定番のソース焼きそば、オイターソース香る上海風、シンプルに塩味もうまい。焼きそばが嫌いな人っているんでしょうか。もしも、いつもの焼きそばにもうひとひねり加...
ここ数年、一般的な食材よりも栄養価が高い「スーパーフード」が注目され、アサイー、キヌア、チアシード、ココナッツオイルなどが人気を集めました。少しの量で豊富...