食べ過ぎ注意!バリ島名物「甘〜い断面」のサンドイッチ

はち切れんばかりに具材を詰めた、パンパンのサンドイッチがSNSで話題となったのも今は昔。あの断面ショーも、すっかり定着した感があります。

が、食べものの断面に萌える文化は日本だけではないようで…。

この断面は、
もはや「ショー」だ。

これはインドネシア・バリ島で手軽に味わえるおやつ「ロティ・バカール」。食パンのあいだにチーズ、ジャム、練乳をベースにお好みの具をはさんで、鉄板で焼いたバリの屋台フードです。

材料を好きなだけ重ねてフライパンでこんがり焼くだけ。ジャムの味を変えるだけでいろんなパターンと断面が楽しめますよ。

<材料:1人前>
食パン(5枚切り):4枚
スライスチーズ:2枚
練乳:大さじ 1
いちごジャム:大さじ1/2 
バター:1片

<つくり方>

食パンの耳を切り落とします。チーズ、ジャム、練乳の順でパンのあいだにサンド。フライパンにバターを溶かして全体になじませたら丸ごとのせて、表面がキツネ色になるまで焼いてできあがり!

こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
9月15日(日)、16日(月、祝日)の二日間、マイクロシアター「高円寺シアターバッカス」にて「バリ島」にまつわる映画上映とライブイベントが開催。
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
バリにあるレストラン「Ijen」。特筆すべきは、リサイクル素材でできている点。さらに、残飯は地元の農家に提供。肥料として使われます。ビジュアルからは想像で...
おうちカフェにもおすすめ。こんな時だからこそ楽しみたい、人気のお取り寄せスイーツを「バターサンド」、「チョコテリーヌ 」、「ヴィーガンスイーツ」、「クッキ...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
NY発祥のグリルドチーズサンドイッチブランド「Meltyman」が8月中の土、日、祝日の期間限定で「京橋エドグラン」の1F広場内にオープン!話題のポップア...
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...
レバーペーストをたっぷり塗ったフランスパンにソーセージやハムを乗せ、紅白のなますを入れて、どっさりパクチーをはさんだベトナム庶民の味「バインミー」。あのエ...
「Nintendo Switch」から同機では初となる本体カラー変更モデル「Nintendo Switch マリオレッド×ブルー セット」が2021年2月...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
2018年、LAでブレイクした「ジャパニーズ・エッグサラダ・サンドイッチ」がニューヨークへと飛び火。全米中でタマゴサンドがブームに。
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
安くて近くて直行便もでている、韓国・大邱(テグ)。街の屋台をめぐると、手軽で美味なるフードが盛りだくさん。
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
北海道釧路市の「ニュー阿寒ホテル」に唯一無二のサウナコンテンツ「フロストサウナ」が期間限定で登場。
「キャリースナックタブwithタンブラー」は、食べ物と飲み物を一つに収めることができるというアイディア商品。実際は、皿にお菓子、カップにジュースなどを入れ...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
サンドイッチを作るとき、食パンの耳だけ残ってしまうことってありますよね。そのまま食べたり、ラスクにするのは定番ですが、どうせならパンの耳でもう一品つくって...
プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供されるカオニャオマムアンは、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、...
あまりのインパクトに一目見たら忘れられなくなるかも。でも、味だってなかなかいい感じです。
まるでカラフルな怪物のような、貝殻のような、臓器のような、じつに愉快なカタチ。食べ過ぎ防止には、こいつをお皿にポンと置くだけ?!
一見何の変哲もないように見える、こちらのサンドイッチ。ですが、なんと一つ1,500米ドル(約18万円)もするんです。すべて自家製18万円のサンドイッチ!?...