シンプルでとにかくおいしい。最高のトマトサンドイッチを召し上がれ。

まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を分けてもらえるような気がするからだ。

トマトを美味しくいただくには。

トマトを楽しむにはさまざまな調理法がある。冷蔵庫でキンと冷やして生のままいただいたり、グリル焼きにしたり。なかには、たっぷりの量をつぶしてジュースにする人もいるだろう。今日はシンプルに、パンにのせていただくトマトサンドイッチを作ってみることにする。

シンプルに。バリエーション豊かに。
さまざまな表情をたのしむ。

たとえば、こんな具合はどうだろう。左端から、白い食パンを覆うようにたっぷりとマヨネーズを塗り、厚めに輪切りしたトマト、塩をパラリと振りかけたシンプルなサンドイッチ。

そのほか4つは、土台にトーストしたパンやビスケット、フレンチトーストにナン。味つけに低脂肪のリコッタチーズやヨーグルト。具材もトマトだけでなく、ケイパーや玉ねぎを使って、食感も味わいもさまざまなアレンジをしている。手づかみでなく、フォークとナイフを使って食べる必要があるかもしれない。

そのほか、おすすめのレシピは、以下に紹介していく。もし、冷蔵庫にトマトがあったらいますぐに試してもらいたいものばかりだ。

01.
モッツァレラチーズ×トマト

厚めに切った小麦のパンに、フレッシュモッツァレラチーズと輪切りしたトマトをのせて。サラダはルッコラをたっぷり使い、食べやすい大きさにカットしたアボカドを入れ、レモンを振りかけている。

02.
クリームチーズ×トマト

こちらは、黒パンをトーストし、クリームチーズ、輪切りしたトマト、上から塩と細かく刻んだチャイブを散らしている。お好みで、粒の大きな塩を使っても良いかもしれない。

03.
アボカド×ピーチトマト

黄色いので一見トマトに見えないが、うっすら産毛の生えた桃にそっくりなピーチトマトを使っている。パン、マッシュしたアボカドの上にのせ、ライムジュース、粗挽きコショーで味つけ。ミントを添えても美味しい。

04.
リコッタチーズ×トマト

トマトだけにこだわらず、2種類作っても良いだろう。どちらもリコッタチーズを塗って、ひとつはその上に輪切りしたトマトとバルサミコ。もうひとつは、はちみつに唐辛子の実を乾燥させたカイエンペッパーを振りかけている。

切り口の小さなパンを使えば、ふた口、み口で食べ終わってしまうものだから、食べるのがもったいなくて、しばらく眺めていたくなる。どれも、パンの香ばしさに加えて、トマトのうま味がしっかり凝縮されて、なんとも言えないおいしさがある。作って良かった、おいしいなとしみじみ思える、自分だけの最高のトマトサンドを試してもらいたい。

Licensed material used with permission by Food52
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
「コムサコミューン」が、国内で廃棄される、落ち綿や端切れを集めて作ったリサイクル素材を用いたチェスターコートを展開中。
トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやチキン、フライドポテトにバツグンに合うんです!ヨダレがたれてしまう前に、さっそくつくってみましょう。
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
サンドイッチのバリエーションの広さ、同じように卵料理も奥が深い。
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...
市販のトマトソースだって少しアレンジを加えただけで、もっと魅力的に、フレッシュにいただけるのです。
オフィスでカップ麺を食べる時、デスク周りの小物やPCなどに汁がハネるのを防いでくれる画期的なアイテム「麺ウォール」。通常はB5ノートほどの大きさ、閉じてい...
あなたのキッチンがムンバイの屋台に早変わり!パクチーが苦手な日本人はたくさんいると思うけれど、好きな人は大喜び間違いなしな「サンドイッチ」。
見た目もかわいくて食べても美味しくて。野菜を使ったヘルシーサンドから毎日の主食になるグルメサンドまで。わくわくしながらおでかけしたい都内の絶品のサンドイッ...
NY発祥のグリルドチーズサンドイッチブランド「Meltyman」が8月中の土、日、祝日の期間限定で「京橋エドグラン」の1F広場内にオープン!話題のポップア...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
焼きたての香り、食感、溢れる旨み。ハムや玉子など、あらゆる食材と相性がいいパンは、無限の楽しみ方を秘めています。東京・渋谷界隈の、サンドイッチが美味しいパ...
環境を守るために人を雇用していこうという考え方を意味する言葉「グリーンジョブ」。新型コロナウイルスの流行をきっかけに今、注目を集めています。海外の取り組み...
「国際障害者デー」にちなんだオンライン映画イベント「True Colors Film Festival」が、12月3日(木)〜13日(日)に開催。“One...
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
一見何の変哲もないように見える、こちらのサンドイッチ。ですが、なんと一つ1,500米ドル(約18万円)もするんです。すべて自家製18万円のサンドイッチ!?...
ここに紹介するのは、どれもプロが教える料理の極意。知ってると知ってないとでは大違い。目から鱗のテクニックを自分のものに!
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
いつ、どんなときだって、日々の活力を生むのは、おいしいごはんです。テイクアウトやUber Eatsもいいけれど、せっかくなら自宅でこんな特別な食事はいかが...