トマト味ばかりで、冷製パスタが飽きてしまった人へ。

夏の冷製パスタに用いられる「カッペリーニ」。髪の毛(capelli)に例えられるとおり、1ミリ以下の細さが身上。トマト&バジルの組み合わせは鉄板ですが、そればかりではカッペリーニを存分に楽しむことはできません。

今の時期にぴったりなコチラもぜひ!

枝豆×小エビの
夏気分カッペリーニ

Eabc9dc21589ed1369d602d792973159f68c645b

材料:2人分>
カッペリーニ:150g
サヤから取り出した枝豆:60g
むき小えび:60g
にんにく:2かけ
ねぎ(白い部分):5cm
オリーブオイル:大さじ4
鷹の爪(輪切り):小さじ1/2
塩:小さじ1

<つくり方>

にんにくとねぎをみじん切りに。カッペリーニを表示時間通りに茹でて、冷水でしっかりしめ、オリーブオイル大さじ1で和えておきます。フライパンでオリーブオイルを熱し、にんにく、ねぎ、鷹の爪を香りが出るまで炒め、そこに小エビと枝豆(茹でる前)を投入。エビの色が変わったらソースの完成。カペリーニにかけて和え、冷蔵庫で冷やしてどうぞ。

“冷製歴”は日本人の方が長い?
イタリアのパスタ事情

ところで、500種以上ともいわれるパスタをつかって、豊富なパスタ料理を育んできたイタリアに冷製パスタが登場したのはここ数年のことだと聞くと、ちょっと意外ですよね。

どうやら近年の異常気象が関係しているらしく、さしものイタリア人も暑すぎて、温かいパスタなんて食べてられない!と冷製を受け入れるようになったんだそう。

ただ、もとはと言えば1970年代にミラノのリストランテで誕生した「キャビアのパスタ」、これを冷製で提供したのがルーツだとかで。ところが、これが全く受け入れられず、冷製パスタが浸透するまでには至らなかったようです。

定着しなかった理由のひとつに「パスタの性質」があるかもしれません。日本では蕎麦やうどんに塩が練りこまれているため、茹でたあとに水にさらして冷たく食べますよね。一方パスタは茹でる際に、はじめて塩を加えて味を入れていくもの。

つまり、「水でさらす=一旦入れた味を水で洗い流してしまう」、ここに冷製が定着してこなかった、そもそものコンセプトの違いがあるようですよ。

新鮮なトマトを使って、ひと手間かけてでも試してもらいたいのが「焼きトマト」。これをトマト缶の代わりに用いれば、料理がプロ並みにレベルアップするんです。
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
甘さも酸味も物足りない、そんな「ハズレトマト」ほどおいしく化ける。
鶏肉を赤ワインに漬け込み、にんにくとオレガノを加えてひたすら煮込んだだけのこの料理。そんな無造作ななかにも「家族の愛」が込められています。
「揚げる」という工程をなくしただけでも、春巻きはヘルシーになる。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、簡単なのに一皿でしっかり...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
トマトジュースといえば、サラサラやドロドロなど口当たりの違いこそあれ、色は赤が当たり前。ところが、「ある場所」でのみ楽しめる、透き通った金色のトマトジュー...
1985年、イタリア南北をくまなくリサーチし、あらゆるパスタ料理レシピを1冊の本にまとめたヴィンチェンツォ・ブオナッシージ。『新パスタ宝典』に収められたメ...
イタリア半島中部に位置する小国、サンマリノ共和国。代表的な郷土料理に「パスタ・エ・チェーチ」があります。これはひよこ豆をつかったパスタ料理。お肉を入れずに...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
パスタを10分以内に、しかもお鍋ひとつでつくれちゃうスゴ技レシピ。言ってしまえば、コレをそのままゆでるだけ!
本場イタリア人が見たら、驚嘆の「マンマ・ミーア!」が聞こえてきそうなこのパスタ。一度目にしたら忘れられない、ド派手なピンク色。間違いなくインパクト大!とこ...
7月31日にイングランドサッカー協会が、2018-19シーズンから監督にもイエローカードとレッドカードを提示すると発表しました。
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
いかにもイタリア人的な感覚から生まれた、アソビ心満点の転写式タトゥーシールのご紹介。でもこのタトゥー、貼る場所までちゃんと決められているのです(一応)。そ...
ツナを使ったパスタといえば、"和風"を連想してしまうけれど、ナッツを散りばめたショートパスタがおいしいんです。そこにレモンの皮なんかまぶしたら、急に絶品お...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
玉ねぎ、セロリ、人にんじんを、それぞれ2:1:1の割合で、にんにくとたっぷりのオリーブオイルで炒め煮にしていくだけ。プロはこの材料で1時間〜1時間半ほど弱...
バルセロナから地中海に沿って約350km南に、バレンシアという街がある。ヨーロッパを自転車で旅していたとき、この街に立ち寄った。目的は、バレンシア郊外のブ...