ごはんのおかずはマンゴー、みたいなデザートです。

国産マンゴーが旬を迎えたこの時期。私たち日本人からすると、ちょっとビックリしてしまうマンゴー料理があるのを知ってますか?もち米、ココナッツソースとともに食べるタイのデザート「カオニャオマムアン」です。

マンゴーでメシを食らう

プラスチック容器に入った定番の屋台フードでありながら、ホテルのレストランでも提供される、いわばタイの定番スイーツ。簡単なレシピなので、ぜひチャレンジしてみませんか。

<つくり方>
1カップ分のもち米を蒸して、砂糖、塩を加えたらココナッツミルク(80ml)に漬けておきます。こうすることでもち米の食感がさらにモッチリとし、マンゴーとの相性を高めてくれるのです。

あとはもち米にカットしたマンゴーを添えて、米粉などでとろみをつけたココナッツミルクをたっぷりかけていただきます。もち米の塩味とマンゴーの甘みが渾然一体となる病みつきのおいしさをどうぞ。

関連する記事

外苑前にあるワールド・ブレックファスト・オールデイは、「朝ごはんを通して世界を知る」がコンセプト。 その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたのヒ...
料理はもちろん、空間、客層、スタッフ、雰囲気と首尾一貫オールThai!!で攻めまくりの屋台メシ。
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
近年、トゥルサン・タイやモンスーンバレーなど、タイ料理に合わせるためのワインもつくられています。ニュートラルなブドウ品種を主体としてブレンドしてつくられる...
ガス気球(バルーン)を利用し、成層圏をターゲットとした宇宙開発方式である「スペースバルーン」の事業などを手がける企業、「スペース・バルーン株式会社」が、「...
一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
阿佐ヶ谷の裏路地で30年、日本人の味覚に合うタイ料理を厳選した専門店です。

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
本格スパイスブランド「GABAN」とアウトドア料理のパイオニア・田中ケン氏の共同開発で生まれた、アウトドア特化型のミックススパイス。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...