メンチカツとハンバーグのいいとこ取り。「ズルうまい」一品です。

ミートボールに代表されるように、ひき肉を使った料理が多いデンマーク。なかでもボリューム満点で、日本人にも親しみやすいガッツリ系のメニューを紹介しましょう。

牛ひき肉100%の「クラビネッタ」は、メンチカツとハンバーグをいいとこ取りしたような、おかずになる一品です。

24a8dee107d8dd75fd6d8561a0d02bc5b8fa7f52

〈材料〉

にんじん:1/2本
牛ひき肉:300g
塩:小さじ1/4
こしょう:適量

小麦粉:適量
パン粉:適量
溶き卵:1/2個

バター:10g
サラダ油:適量

・スープの材料
お好みの野菜(にんじん、玉ねぎ、さやえんどうなど):適量
水:200ml
固形コンソメ:1個
片栗粉:大さじ1

〈つくり方〉 

まずはスープのつくり方から。
お好みの野菜を食べやすい大きさにカットしておきます。それを水、固形コンソメとともに鍋に入れて火が通るまで煮込んだら、水で溶いた片栗粉を加えてとろみをつけます。

続いてクラビネッタ。
中火で熱したフライパンにサラダ油をひき、みじん切りにしたにんじんがしんなりするまで炒めます。ボウルに牛ひき肉、塩こしょうを入れて粘りが出るまでこねていきましょう。さらに炒めたにんじんを加えてこねて、それを3〜4等分に。

小麦粉、溶き卵、パン粉の順につけたら、サラダ油とバターをひいたフライパンで表面がこんがりするまで中火で揚げ焼きます。器にのせ、スープを添えたらできあがり。

見た目はメンチカツ。でも大きな違いは牛100%であることと、揚げ焼きにする調理法。さらに、コンソメ風味の野菜たっぷりスープを添えるところ。サクッと食感からのお肉のおいしさを楽しんで。

今回、栃木県小山市で見つけた行列の先にあったもの、それは、「おとん」のメンチカツ。ちなみにその「おとん」ってのは、お父さんのことではありませんよ。小山のブ...
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、肉と魚を調理する...
いま、東京でもっとも勢いのあるレストランを牽引する"破廉恥"シェフ(これ、ほめ言葉です)-鳥羽 周作-小学校教諭を辞め32歳で料理の世界に飛び込み、わずか...
ワイン業界の名門ジャクソン・ファミリー・ワインズが手掛ける赤ワイン「ピノ・ノワール セントラル・コースト 2013 リベレイティッド」。解放感がコンセプト...
コロッケやメンチカツは、好きな人が多い一方で、作るのにちょっと手間がかかります。油で揚げるのは、どうしてもハードルが高いですよね。でも、ここで紹介する作り...
デミグラスソース、トマトソース、和風ソース…ハンバーグの定番ソースといえばこんなところでしょうか。でもね、肉汁あふれるハンバーグと一緒に食べるソースは、あ...
日本で昨今ブームの「牛カツ」ですが、アルゼンチンにも牛肉にパン粉をつけて揚げ焼きにした「ミラネッサ」という料理があります。これ、お肉を薄く叩いて作るから、...
聡明な女性はいつの時代も家事を合理的に再編成し、台所を賢く支配するーー。そんな切り口で1976年に刊行されたベストセラー『聡明な女は料理がうまい』より、世...
五感をつかって、その瞬間をあじわうこと。そうしているうちに、今どうしてもわからないことが、ふとして、わかってくることがある。
このチョコレートは「食前酒」→「スープ」→「魚料理」→「シャーベット」→「肉料理」→「カフェ」の順番でお召し上がりください。
どんなお肉も高級肉(のように)変身してしまう、料理ハックのご紹介!ポイントは日本酒でお肉を酔っ払わせること。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
Mikkel Jul Hvilshøjによる料理アートプロジェクト。さて、この料理はいったいナニ?
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
「マリネ」と聞いてイメージするのは、生魚をオリーブオイルなどに漬け込んだものかもしれません。けれど、マリネするのは魚だけとは限らない。焼く前の肉をワインに...
濃い味付けの多いインドネシア料理において、とにかく胃にやさしいバリ島の「ガドガド」について。
写真の一部だけが永遠に動く「シネマトグラフ」。これを料理写真に用いると……快感でしかない。
焼きたてハンバーグをカットして上から押すと、断面から肉汁がジュワ〜。あれ、自宅でも再現可能です。
ピクルスって、好き嫌いがはっきり分かれる食べ物ですよね。好きな人は一度にいくらでも食べることができるでしょうが、あのままカリカリと食べるほかは、ピクルスを...
沖縄・那覇市にある「ゆうなんぎい」のお母さんが出してくれたのは、泡盛を使ってトロトロになるまでやわらかく煮込んだラフテー。醤油系のイメージが強かったから味...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なこと。ーー日本人はひとつの味を同じように、一定の条件の許で食べてい...