リュックとトートのいいとこ取り!今、注目の「アクティブトート」

デイリーユースのバッグのほとんどはリュックとトート系に大別できるが、それぞれにデメリットがある。

なんといってもリュックは満員電車で邪魔。背負ったままの乗車は、今やスマホ使用を超える迷惑行為だ。夏場は背中に汗をかき、シャツが濡れてしまうのも悩み。

一方、トートは歩くと前後左右に揺れる。肩からズリ落ちるのもストレスだろう。

そこで生まれたのが、リュックでもトートでもない「FIXTOTE」。ニュートンの物理学と「東京工業大学」の英知を駆使し、8年の歳月をかけて作り上げた、まったく新しいトートバッグだ。

特許取得のストラップにより、身体にバッグをしっかりと固定。揺れることもズリ落ちることもなく、両手は自由で使い勝手もいい。電車でも邪魔にならず、背中に汗もかかない。

いわば、リュックとトートのいいとこ取り。加えて、人間工学に基づいた構造により、肩にかかるストレスも最大38%軽減することも実証されたという。

ストラップの着脱は、力の要らないマグネット式バックル。カチッという音と共に、手を放すだけで吸いつくように接続し、外すときはスライドさせるだけ。経年変化を楽しめる本革や内側のアクセントカラーなど、見た目にも相当なこだわりが伺える。

現在、「Makuake」にてクラウドファンディングを実施中。この新発想には、当初の目標を遥かに上回る金額が集まっている。

©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...
特許取得のストラップで身体に固定できるバッグ「FIXTOTE」が、さらに使いやすくなって新登場。
L.L.Beanのグローサリー・トートは、一生使えるエコバッグです。
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
業務用家具メーカー「アダル」が、100%国産の天然い草によるサステイナブルな家具「Look into Nature 」シリーズに新たな3モデルを追加。
真っ白なトートバッグに絵を描いて作品を作る「第17回 ROOTOTEトート・アズ・キャンバス アート&デザインアワード」が開催中。エントリー締め切りは8月...
TEMBEAの定番商品、バゲットを入れるためのトートバッグ「バゲットトート」がかわいい。
〈L.L.Bean〉の「グローサリー・トート」。お値段は税抜1,900円と同ブランドのトートの中でもっとも安価。他のモデルよりも薄手のキャンパス地で自立は...
「NEXUSVII」のトートバッグは、昨年の台風15号の後に千葉県内の被災地で使用されていたブルーシートを再利用。
この発想はなかったと言わざるを得ない画期的なバッグを応援購入サービス「Makuake」から3種類ピックアップ。
「コカ・コーラ」の自販機で、キンキンに冷えた「冷感マスク」が購入可能に。販売されるマスクは、抗菌、吸湿速乾、消臭、遠赤外線放出、UVカットなどの機能を備え...
車のトランク用に、旅行バッグに、近所での買い物に。このルックスなら仕事用、出張用にも使えそう。マザーバッグとして、パートナーと兼用するのもありだ。
「Makuake」でファンディングに成功した製品が並ぶMakuakeストア。ファンディング期間を待つことなく、今すぐ手元に届くモノばかり!
「ateliers PENELOPE(アトリエ ペネロープ)」の「AP Eimer(L)」は、ナイロンを使用した筒状の巾着トート。
「PUEBCO(プエブコ)」のVINTAGE SLING BELT HANDLE TOTEは、インドの建設現場から出た廃材と、製造工場で余った業務用の頑丈...
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
1883年に完成し、アメリカで最も古い吊り橋の1つでもブルックリン橋。NY拠点のデザイン事務所「nooyoon design」は、ブルックリン橋の新たなリ...
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
〈アメリカンアパレル〉のリュックは長くモデルチェンジされることなく、定番として愛されています。定価3,000円くらいとリュックとしては手頃な価格も愛される秘訣。
コンパクトさと3秒でサッと開く&たためるスマートさが特徴のオランダ発カード型スマートエコバッグ「EVERLESS」に注目が集まっている。
「JETMINMIN」の「FOLLOW-58」は、愛知県のテント屋さんからストックの供給を受けて制作したビニールテント素材のトートです。
まさに変幻自在。ベストやエプロンに変化する「トートバッグ」が登場した。
菌の増殖を抑えつつ、時間の経過とともに徐々に菌数を減らす効果のある「制菌加工」を施した、衛生的で持ち運びもラクラクな「制菌エコバッグ」が誕生。
ミニマリストのためのブランド「less is」より、手のひらサイズに折り畳めるクラッチバッグ「手ぶらエコバッグ」が登場。ポケットに忍ばせて外出すれば、急な...