今すぐ手元に届く「Makuake」の注目商品5選

ここに紹介するアイテムは、どれもクラウドファンディングサイト「Makuake」にてファンディングに成功した品々。プロジェクト終了後に完成した製品を出品できるMakuakeストアにて販売しています(その数450点以上!)。つまり、ファンディング期間を待つことなく手にできるモノばかり。

「支援者が集まるかわからない」「プロジェクト終了まで待てない」。そこもクラファンの醍醐味。けれど「今すぐ欲しい」のニーズを満たすならば、ストアのチェックもお忘れなく!

15秒で首元42℃
「ヒートスカーフ」17,800円(税込)

冬場は首元を冷やしたくない。ゆえのマフラーやネックウォーマー。けれどその遥か先を行くヒートスカーフがこちら。

グラフェンカーボンファイバーヒーティングシステムという、舌を噛みそうな名前の特許技術を搭載した「SUSTAIN」。ボタンプッシュ後、首回りを一気に温めてくれるという代物です。どのくらい速いかといえば、約15秒で42℃。さらにもうワンプッシュで46℃にまで。

屋内使用の場合はUSBケーブルをつないで使えますが、そこはやっぱり屋外でこその商品。スカーフ内側のポケットにモバイルバッテリーを入れコネクタにつなげば、暖かさを持ち運ぶことが可能。総重量100gというのも気が利いてます。レッド、ネイビー、ブラックの3色展開です。

温かさを持ち歩きたい人、こちらへ。

濡れない、濡らさない、折り畳み傘
「Sharely」3,780円(税込)

コンパクトに収納できて、使いたいときにカバンから取り出す「折りたたみ」。機動力はあるけれど濡れやすいのはしょうがない。その概念を変える、ありそうでなかった新発想です。

「Sharely」は、文字通り誰かとシェア(相合傘)できるのに加えて、カバンやバックパックを雨から守る優れもの。

本来、中心に軸があるのが傘。持ち手の反対側はどうしても濡れやすいものです。ならば軸をずらせばいい、というのがSharelyのアイデア。少し変わった形状でも、折りたためば、サイズも遜色なし。

抱っこ紐で赤ちゃんを前にするパパママにオススメの1本です。ブラック、アーモンド(ベージュ)の2色展開。

大切なものを濡らしたくな人は、こちら

手ぶらでコートを持ち歩く
「JAKRAK」5,142円(税込)

一枚多く羽織って外出も、暑くなってコートを脱ぐ。日常よくあるこんなシーン。腕にかけてるか、薄手のものならば腰巻きという手もありますが、新たな選択肢は“コートを背負う”こと。

「JAKRAK」は、脱いだアウターを手ぶらで持ち歩くためのツールです。

コートの襟と両脇を内側からクリップでつまみJAKRAKごと背負うイメージ。重さ3kgまで耐えられます。たすき、ショルダー、バックパックと、持ち方も思いのまま。アジャスターで長さ調整が可能なのでユニセックスで。

毎度どこかにアウターを置き忘れて帰ってくるキッズに装着させるもアリです。両手に荷物が増えがちなバーゲンシーズンにも重宝するはず。ブルー、ブラック、ライム、オレンジ、ブラウンの全5色展開です。

手ぶらでいたい人は、こちらから。

持ち歩くホワイトボード
「BUTTERFLYBOAD」1,728円(税込)〜

©2018 TABI LABO

TABI LABOで紹介したことのある、ノート感覚で使えるホワイトボード「BUTTERFLYBOAD」。最新モデルでは防水機能がプラスされ、サイズのバリエーションやカラバリが増え、マーカーホルダーも設置。進化が止まりません。

さらにユーザーのニーズに応え、現在、新たにA3サイズもクラファン中

ひと足早く使ってみた感想を少し。

A3サイズは、グループディスカッションやワークショップに最適。“書いては消し”が頻発する従来のA4サイズから、格段に用途の幅が広がった印象です。しかも、収納ケースを組み立てるだけでイーゼルに早変わり。

持ち運び優先ならコッチ

一生使える充電ケーブル
「SUPER CABLE」4,980円(税込)

毎日の生活になくてはならない必需品。なのに磨耗や劣化がやたらと早いのが充電ケーブルというアイテムの宿命……と、あきらめていました。コイツに出会うまでは。

「SUPER CABLE」は、超がつくほど高い強度がウリ。防弾チョッキに使用される素材(Bullet Proof Fiber)を導体に沿わせることで外ではなく、内から強化しています。耐摩耗性があり、ほつれにくい編組外装でさらに覆った、そこまでやる!?な仕様です。

こんなシチュエーションがあるかないかはさておき、その気になれば車だって牽引できるっていうけど……。

強度だけでなく「上下どっちだっけ?」と差込口を確認せずとも抜き差しできるよう、USBプラグに親指がフィットしやすくデザインされています。強くて、ユーザーフレンドリーな日用品。この買い物が最後になるかもしれませんよ。

人生最後(?)の充電ケーブル購入はこちら

Top image: © Makuake, 2018 TABI LABO
他の記事を見る
クラウドファンディングのMakuakeで支援募集中の「シュードライヤー」を紹介します。プロジェクト開始一週間で500%を超える達成率で話題です。
これがあればもう出先で“充電用ケーブルがない!”なんてことにならないはず。
これまで以上にスマホの充電を容易にする、めちゃくちゃ便利なケーブルが登場しました。これさえあれば、料理をしていようが、寝る前の暗い部屋にいようが、サクッと...
「Super Cable」は、防弾チョッキと同じ素材を使っていて、鋼の約5倍の強度があり、2万回以上折り曲げても壊れない、充電ケーブルです。車を引っ張れる...
スマホを充電する上で毎日使う、USBケーブル。頻繁に使うだけあって、こだわりたい人も多いはず。ここでは、Kickstarterで出資を募り目標金額の5倍以...
電子機器の数だけケーブルが増えて、面倒くさい!って思う私には最高です。
約5,000円から支援可能です。
突然の雨にもしっかり対応してくれる、ビジネスバッグにすっきり収まる超小型&超軽量の折り畳み傘「アンベル」の「ペンタゴン72」をご紹介します。
結論、これは使えます。耳を塞がないので、会話や生活音、街の騒音なんかも聞こえます。街歩きをしながら、ランニングしながら、自転車に乗りながら、といった「なが...
唐繰屋九太郎さんが経営する兼九商店のこたつケーブル型携帯充電コードは、あまりの人気に予約も不可能な状態。レトロで可愛い魅力で爆発的人気を誇っているが、ひと...
「スマホの充電ケーブル」ってゴチャゴチャしがち。でも、これからは財布や定期入れに収納しちゃいましょう。どうやるかって?これを使うんです。携帯性をとことん追...
スマートフォンに関して、悩ましい問題のひとつに“ケーブルちぎれ問題”がある。毎日、充電するから負担がかかるのは当然だけど、繰り返し買い直す人も多いのが事実...
常日頃からラップトップPCとモバイルバッテリーを持ち歩いている身としては、コンセントを確保するよりも、USBのほうが断然ラク。
「KableCARD」は1台で6通りの使い方ができるマルチ充電ガジェット。クレジットカードと同じくらいのサイズだから収納もカンタンだ。
車に乗る人なら、こんなやりとりをした経験があるかも。「すみません、ちょっと電気を分けてもらえないでしょうか。バッテリーが切れてしまいまして…」そんな時は、...
絶対に充電器を忘れたくない!という人にはよい投資かも?
ついつい持ち忘れてしまいがちな、スマホの充電器。仕事先や旅行先に忘れてしまって、地味に痛い出費に悔しい思いをしながら新しいバッテリーを購入するのは、うっか...
ここに紹介するのはイタリア製の折りたたみ傘「Kjaro」。濡れたまま傘をカバーに入れる、下のタンクをちょいとひねると傘についた「水」がシャッと出てくる。雨...
昨今、スタンド型やパッドタイプなど、あらゆる形状の充電器が販売されていますよね。でも、充電以外の機能が備わっているものって、あまり見かけない気がします。た...
Makuakeでクラウドファンディング中のマグボトル「FLSK」には、炭酸飲料を入れることができるのだとか。フタを緩めるときに気泡を逃すミリ単位の隙間が発...