焚き火をカラフルにするアイテム「アートファイヤー」

「アートファイヤー」を使った、新しい焚き火の楽しみ方を紹介します。これは、カラフルな焚き火を楽しむことができるアイテム。炎色反応を利用したもので、袋のまま焚き火に放り込むと炎が虹色に変化するんです。もちろん、専門科学調査機関「TOBY」の調査をクリアしているから安全性も問題なし。

焚き火アイテムといえば、着火ツールやファイヤグリルなど、そのシーンを演出するアイテムが数多くあります。それらは、着火から仲間と火を囲むところまで、いかにスムーズにこなせるかがポイント。だから、「炎」に“一味”足すという発想は斬新ですよね。

一般的なファイヤグリルのサイズだと、1〜3袋が適量。入れてから約30分間、色の変化を楽しめます。なにより見た目が映えるので、焚き火初心者の友達を「一緒にやってみよう!」って誘うキッカケづくりに役立ちそうです。

Top image: © 2019 Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

機能とデザイン、調理のしやすさ、さらには焚き火の炎の美しさにまで着目した、欲張りすぎる焚き火台「BonHax」
香川県の鉄工所のブランド「THE IRON FIELD GEAR」が製作した焚き火クッカー「TAKI BE COOKER」。
個人的にはニッチすぎるシーンを想定したアイテムは大好物。忘れやすい人は重宝すると思うんだけどな〜。
焚き火に安心感を求めた大型焚き火台「炎箱(ほむらばこ)」を紹介。
NASA、ジェット推進研究所、南カリフォルニア大学、ハイデラバード大学らの共同研究チームが、ISSで採取されたサンプルから4種の菌株を分離した結果、そのう...
5パターンに変化する焚き火台「トランスフォーム焚火台」
クラウドファンディングのMakuakeで支援募集中の「シュードライヤー」を紹介します。プロジェクト開始一週間で500%を超える達成率で話題です。
愛知県のアウトドアメーカー「BOF」が開発した、直径11cm、高さ20cmの「FLAME Mug」は、自宅で気軽に焚き火を楽しめる、コンパクトな一人用焚き火台。
ソロキャンパーにおすすめのコンパクト、多機能な焚き火台が登場。
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
ロサンゼルス・ノースハリウッドにカラフルなプレハブが立ち並ぶエリアが誕生。施設には合計で39戸の建物が用意され、1部屋で2人が生活できるようになっているという。
アウトドアアクティビティのひとつとして数えられるまでになった「焚き火」の「着火」に関連する話題&注目のアイテムを厳選してご紹介! 「ファイヤーサイド」「ロ...
心が落ち着く焚き火の灯と音楽を同時に楽しめる「カプセルスピーカー」が登場。
たくさんのクッキーが入っているような見た目をしている「炎の缶詰」。中には燃料が入っていて、着火してから4時間ほど燃え続けるようになっています。
「Recamp」と「ハードロックカフェ」がコラボレーションし、焚き火と音楽をテーマにしたイベントを実施。8月22日(土)は焚き火ナイトを開催。
クラウドファンディング「Makuake」で先行販売が開始されているキャンバス型スピーカー「MUVAS」。どこからか聴こえてくる不思議な音に包まれる空間を演...
火災旋風をランプに落とし込んだ「SPIN」。本体の下部からスパイラル状に空気を取り入れることで、トルネードみたいな炎をつくっています。
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
香川県の鉄工所によるアウトドアブランド「THE IRON FILED GEAR」が作った「TAKI BE ITA」は、わずか8.3mmの板になる、カンタン...
オランダのスニーカーブランド『Maecer Amsterdam』と『NASA』のコラボスニーカー。このアイテムの再販が決まったようです。

おすすめ記事

米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
「THE NORTH FACE」から、3Dカーボンプレートを搭載したトレランシューズが発売。エネルギー効率を徹底的に意識し、より速さを追求するランナーにぴ...
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
スキンケアブランドの「Aēsop(イソップ)」のトイレ用消臭芳香剤「POST-POO DROPS(ポスト プー ドロップス)」です。