洗えて清潔なトランプ「Air Deck」。さらに軽量&コンパクトになった新デザイン登場

コンパクトで軽量、高い耐久性と防水性を誇り、さらに品質にもこだわり抜いたトランプの新デザイン「Air Deck 3.0」の販売が好調だ。

同商品のシリーズは、全世界で10万個以上を販売。PVC(ポリ塩化ビニル)素材だから、バッグやポケットにラフに突っ込んでも折れたり破れたりする心配ナシ。「飲み物をこぼしちゃった!」とか「スナック菓子の油でカードがベトベト......」なんてときでも水洗いできるので衛生的だ。

そして何より、一般的なトランプよりも縦長設計の縦90mm×横34mmというデザインが、実際に使ってみると手にすっぽりと収まってイイカンジ。数字が書かれていない面の絵柄は、幾何学的なものからグラフィカルなタイプまで全7種。

世界中で人気の新型「Air Deck 3.0」は、現在、応援購入サービス「Makuake」で購入受付中だ。

©A-Trade, LLC
©A-Trade, LLC
© A-Trade LLC / Youtube

『Air Deck 3.0』
【価格】1500円(税抜)
【内容物】トランプ52枚+ジョーカー2枚
【サイズ】外装箱:34×90×19mm、トランプ:32×87mm
【重量】73g
【カラー】ブルークラシック、グリーンマンダラ、ブラックスカイ、レッドクラシック、レトロ(ピンク&ブルー)、ジオメトリック(グリーン&オレンジ)、エレクトリック(ブルー&オレンジ)

Top image: © A-Trade, LLC
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
アメリカで活躍するデザイナーJoe Doucet氏が制作したお遊び要素一切なしのトランプ。シンプルな佇まいで純粋にゲームに集中できそうです。本気でトランプ...
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
カードの序列に違和感を覚えたオランダ在住のデザイナーIndy Melik氏は、誰もが楽しめる新しいトランプ「GSB Playing Cards」を製作した。
いま、ニューヨークを舞台にした『ホーム・アローン2』が再び話題となっています。ドナルド・トランプ氏がカメオ出演していて、多くの人がそのシーンを削除するよう...
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
ドナルド・トランプ大統領のTwitterアカウントは、政権移行後、どうなる?
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
トランプにも色んなデザインのものがありますが、犬好きのみなさんに是非オススメしたい可愛いトランプがありました。サンフランシスコのアーティスト、John L...
トランプ大統領の筆跡を忠実に再現した「フォント」をダウンロードできるサイトが登場。
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
大統領選の選挙活動の一環として、リサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始したトランプ陣営。数日でなんと14万本以上も購入されたという。22日、キャ...
今年1月に起こった支持者による連邦議会議事堂への乱入事件を受けて、TwitterやFacebook、Snapchatなどの主要SNSのアカウントを永久凍結...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...