トランプ大統領が主張する「壁建設」も、これなら納得?

大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴え続けています。反対する人々の声はまるで届いていないみたい…。

そんな中、彼の主張に反対する代わりに、マレーシアのデザインオフィス「No-To-Scale Studio」が、クリエイティブな「代替案」を出しました。

国境にあるのは白い壁?

もう少し近くで見てみましょう

一枚目のイメージにある白い線は壁ではなく、3,000km以上にも及ぶダイニングテーブルでした。そこにいるのは、アメリカとメキシコの両国から来た人々。家族連れやカップルが集まり和やかな雰囲気が見てとれます。

「食の壁」は
ただの長いテーブルではない

「この壁を機能させるには、人々が参加する必要がある」と、No-To-Scale Studioは話しています。No-To-Scale Studioがあるマレーシアは、マレー系、中華系、インド系などの人々が混在して暮らす多民族国家です。そんな中、人々を結びつけるのは「食」。このような提案をすることで、「国境の壁」について再定義し、より前向きな議論を起こしたかったということです。

アーティストやデザイナーが、持ち前の想像力を駆使して提案した「代替案」。同じ「壁」でもこれほどまでイメージが違ってくるなんて驚きですよね。

Licensed material used with permission by No-To-Scale Studio
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
大統領選の選挙活動の一環として、リサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始したトランプ陣営。数日でなんと14万本以上も購入されたという。22日、キャ...
アメリカで活躍するデザイナーJoe Doucet氏が制作したお遊び要素一切なしのトランプ。シンプルな佇まいで純粋にゲームに集中できそうです。本気でトランプ...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
第45代アメリカ合衆国大統領、ドナルド・トランプ。数々の女性蔑視の発言は多くの議論を呼んできた。大統領就任式の翌日「ワシントン・ウィメンズ・マーチ」で歌手...
ドナルド・トランプ大統領の毎回のツイートに友達のようにリプライを投稿する男性。実はアメリカの人気コメディ番組の「サタデー・ナイト・ライブ」の放送作家のジョ...
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
カナダ・マニトバ州南部の町ウィニペグを流れるアッシナボイン川。一面が厚い氷に覆われるこの時季は特設スケートリンクとして、人々のレクリエーションの場に変わる...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。