「壁なんか作らないで楽しく飲もうぜ!」国境に架けるビアバーが計画中

「メキシコとの国境に壁をつくる」と言ったり、「太陽光パネルを設置する」と言ってみたり、依然不透明なままの国境問題。トランプ大統領は建設費をメキシコに求めたが、メキシコ政府は断固として拒否(あたり前!)。世界中で揶揄され、ムーブメントにもなっている。

が、それだけではなかった。

MAKE BEER, NOT WALLS

発言を逆手にとって、国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。

MAKE BEER, NOT WALLS(壁ではなく、ビールを作ろう)という指針は説得力があり、妙に応援したくなってしてしまった。だって、壁で人を分けるより、ビールで人を結びつける方が素敵じゃないか。

 ふたつの国のビールを堪能

1310d83c0a724063fe8f1c004a0a4cab773d6d0c

BrewDogの計画しているビアバーは、「Bar on the Edge」とネーミングされているようだ。国境というのは2つの文化が楽しめる場所。しかも、両国には、美味しいクラフトビールが揃っている。ビールラバーには理想的な環境だと言ってもいいだろう。

1杯目をアメリカ産、2杯目をメキシコ産、3杯目はハーフ&ハーフで…なんて様々な味を楽しむことだって。

テクス・メクスのようなビールを期待

C20dab0b2ff91575194bf395cc6b376a1379ca41

アメリカには、メキシコと国境を面している州が4つ。西から、カリフォルニア州、アリゾナ州、ニューメキシコ州、テキサス州となる。BrewDogのサイトを見る限り、どの州にオープンするのかは不明だが、個人的にはビール版テクス・メクス(テキサス風メキシコ料理)のようなケミストリーが起きて欲しいと願っている。

ブリトー、エンチラーダ、チリコンカンなど日本人に馴染みのあるものは、じつは、すべてテクス・メクス料理。実際、4州を旅したことがあるのだが、アメリカで食べるメキシコ料理は、本場メキシコのものが程よくアレンジされていてとても美味。 

C1a3f51e3478f0e03f2480caf51b75a70ba9ba33

2ヶ国の素材をミックスさせたクラフトビール、テキーラやメスカルなどをミックスしたビアカクテルなど、一味も、二味も違ったものを期待してしまうのは、ビールラバーの性なのかもしれない。

ミスター・プレジデント。壁とか太陽光パネルとかではなくて、いっそ、国境はビアバーをずらりと並べて「クラフトビアライン」でもつくったらいいかがだろう?その方が、新たな米国観光ブームが創出できて雇用機会の増大にもつながり、さらには、ビール需要による経済効果だって見込める、かもしれないし。

Licensed material used with permission by BrewDog
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
東欧のハンガリー。首都のブダペストでは、数年前に話題になった移動式のバーがいまだ人気。乗車する人たちが自らこがなきゃ進まない。飲んでエクササイズもしながら...
「Sofi」を購入する一番のメリットは余計な出費を抑えられるところだ。しかも、30秒で組み立てられる。
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
いろんなストーリーが浮かんできます。
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
海外へ行き、ビールを飲んで、給料がもらえる。世の中には、こんな求人があるんです。フロリダを拠点にクラフトビールBARのチェーンを展開している「World ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...