壁ではなく、橋を。Kickstarterがプロジェクト対象国にメキシコを追加した理由

米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの国名を追加していました。それは「メキシコ」です。

メキシコのクリエイターを
支援したい

35c26100f7503666182f34fe5bd496c56ad396ca

プレスリリースには、こう題されています。

壁ではなく、橋を作りたい。

アメリカとメキシコの国境はどうあるべきか。そんなメッセージ性を含んだこのスローガン。

メキシコには、さまざまな独自の文化があります。そして、メキシコにいるたくさんのクリエイターを支援したい。メキシコ発の素晴らしいアイデアを形にできるようにしたい。そんな思いが込められているそうです。

「アート」に国境はない

D5f7fd2b607d395cc7a8c3ad47aa76b5e614b751

Kickstarterは、アメリカで市民権運動について戦った下院議員バーバラ・ジョーダン氏の言葉を引用し、その理念についてこう語っています。

「アートとは、自分自身のありように応えて生まれ、アイデンティティを形作るものです。異なった人々の間にある、根強い分断を超えられるもの…それがアートなのです。

アートは誰にでも届きます。アートには人々をひとつにする力があります。どんな言語を話す人にも受け取ることができます。アートに差別はありません。私たちを高めてくれるもの、それがアートなのです」

B93c7c1557e9f6d038be952f422332fbdb3991e9

Kickstarterのプロジェクトは必ずしも、芸術という意味でのアートばかりではありません。でも、アートは原義的には「優れた技術」を表す言葉でもあります。そう考えると、登録されているプロジェクトはすべて「アート」だと言うこともできるかもしれません。

アートの意味、そしてメキシコの今。バーバラ・ジョーダン氏の力強いメッセージのもと、メキシコ発の新しいプロジェクトが、明るい未来を呼び寄せてくれることを願うばかりです。

Licensed material used with permission by Kickstarter
メキシコに住むEveliaさんとアメリカに住むBrianさんは、現地時間の11月18日、アメリカとメキシコの国境で結婚式を挙げました。2人のために1時間だ...
アメリカとメキシコの国境にビアバーをオープンする計画を発表したのは、スコットランドのマイクロブルワリー「BrewDog」。MAKE BEER, NOT W...
新しい情報に出会うというのは、記憶を掘り起こしたり、全く考えもしなかったことを考えさせる力があるんだと思います。
2018年6月23日(土)から、アップリンク渋谷、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー。
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのインスタです。Skellieさんはガイコツって設定です。
大統領選挙中からトランプ氏が訴えていた、アメリカとメキシコの国境に壁を建設するという主張。現実離れして聞こえますが、当の本人はいたって本気でその必要性を訴...
何かと話題に上がることが多い、アメリカとメキシコの国境。ここで紹介したいのは、メキシコ側の国境付近で生まれ育ち、アメリカに移住したYonathanとJor...
天草には大小120の島々が広がるとともに、島々には個性豊かな橋がかけられています。海、空、島、そして橋が織りなす美しい風景が広がっています。ここでは、天草...
地球温暖化により水位が上がっていく海。何かをしなければ多くの場所が水没してしまうことになります。国民の生活を危険にさらしてしまう「水の恐怖」を知ってもらう...
橋にはセンサーが埋め込まれていて、歪み具合や負荷のかかり方を測定してくれる。他にも、「何人が橋を利用したのか」や「どれくらい時間をかけて渡るのか」も記録できる。
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
ギャラリーや展示会、イベント会場、音楽とアートを同時に体感できる場は幾つかありますが、そのふたつを融合させた「壁掛けスピーカー」が登場しました。クラウドフ...
雨の降らない日はない、と形容されるロンドンよりもさらに降雨量が多いのがベルリンだそうで、とくに冬の寒〜い季節は、長雨のパッとしない天気に人々の気持ちもどん...
「Via Verde」は高速道路の柱に緑を植えようというもの。ひとりの声から始まったこのプロジェクトは、メキシコ政府を動かすまでに成長しました。
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
メキシコに暮らす人たちは、骸骨のメイクをしたり、置物を飾ったりして、魂が戻ってきた故人と明るく「死者の日」を過ごします。アーティストButch Locsi...
機内食にエンタメ要素が増えること自体はうれしい。だけど、なんか前提がズレているようにも思うのです。
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
アーティストLigia Fascioniさんは、ベルリンの壁が虐殺や差別、暴力などのネガティブな感情を思い起こさせるため「大嫌いだ」と言い切ります。だけど...
オーガニックな佇まいの〈Chubasco(チュバスコ)〉の「AZTEC」。ワラチと呼ばれるメキシコのサンダルに影響を受けたモデルです。スウェードを編み込ん...
スマホ用製品の技術向上によって、物理的に見えなかった、壁の向こう側も見えるようになったようです。なんのために使うの?と思えても、アメリカでは数々のメディア...
本来、橋の役目といえば、対岸への移動手段。しかし、エーゲ海に面するトルコ・イズミルに架けられたBostanlı橋は、そこにとどまりません。多くの人々がここ...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...