「アート空間」に宿泊できる!日本橋に誕生する新たな「文化の発信地」

アートホテルベンチャー「BnA」が日本橋にカルチャー発信のハブ拠点「BnA_WALL」を2020年夏にオープンする。

宿泊型アート施設を運営している同社にとって、高円寺、秋葉原、京都河原町に続く、BnA HOTELブランド4拠点目となる。

「BnA_WALL」ではSIDE COREやYOSHIROTTENなど、23組のアーティストが手掛けた26部屋に宿泊可能。これまでと同様、宿泊費用の一部は作家へと還元されて、アートシーンの活性化にもつながる。

また、今回の施設の象徴となる「大壁(WALL)」は、塗り替え続けられる壁画となり、ストリートアートの育ちにくい日本において、アーティストたちの貴重な発信の場になることが期待される。

1階部分には話題のバー「SHIBUYA OIRAN」の運営するバーが入り、音楽好きとアート好きを中心として活発な交流がおこなわれる“カルチャーシーンの発信地”を目指す。

今月9日より開始された先行予約では、宿泊料金が30%OFFになるクーポンも配布されている。宿泊者のために制作された贅沢なアート空間を、この機会に体験してみてはいかがだろうか。

 

※2020年7月10日追記/新型コロナウイルスの影響で開業日は延期となりました。詳しくはホームページをご確認ください。

©BnA_WALL
©BnA_WALL
©BnA_WALL

『BnA_WALL』
【住所】東京都中央区日本橋大伝馬町1番1号
【客室】26部屋
【開業】2020年6月(予定)

Top image: © BnA_WALL
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事