湘南の新たな楽園。8HOTEL CHIGASAKI「サウナ×プール」の凄み

この夏、サウナーの話題を独占したトピックといえば、「8HOTEL CHIGASAKI」のオープンだろう。

SNSのタイムラインには、海外のモーテルを連想させる建物やプール、完成したばかりの美しいサウナを満喫する同志の写真が次々に流れてきた。そして、至福のときを過ごした誰もがこう口を揃えた——。

「サウナ×プールはヤバい!!!」

©2020 NEW STANDARD

このコンビは体験せねば!と茅ヶ崎を目指した。ただし、疑念もあった。水風呂代わりのプールは、ぬるくて物足りないのではないか?

……結論、心配は喜憂に終わる。

ヤバいヤバいと聞いていた「8HOTEL CHIGASAKI」は、本当にヤバかった。

セルフロウリュだけでなく
「景色」もたまらないサウナ室

©2020 NEW STANDARD

訪れたのは平日の昼過ぎ。先客はいない(独占しちゃっていいんすか……)。

先日紹介したシークレットサウナラウンジ「RoofTop37」と同じく、プロデュースはTTNE。この時点でもう間違いない、本格的なフィンランド式サウナだ。オープンしたばかりとあって、ヒノキのイイ香りが漂う。ピカピカのヒノキは見ているだけでも気持ちがいい。

腰かけると大きな窓の向こうに水風呂代わりのプールが見えるのだが、この景色がたまらない。ゆらめく水面を眺めつつ、「この後にあそこに飛び込めるのか……」と思うと、いつもより長く自分との戦いを楽しめるというもの。

何事も目に見える目標というのは大事だ。

©2020 NEW STANDARD

室内はロウリュをせずともしっかりと熱い。十分に汗が流れてくる。でも、醍醐味はセルフロウリュ。

(ジュワァ〜×2)

自分のペースでロウリュができるのは、やはり最高だ……。

サウナストーンの中には、フィンランドで幸運をもたらすと言われている小人の妖精「トントゥ」が紛れ込んでいた。細部に行き届く遊び心もまた気持ちがいい。

実際に体験してはじめて気づく
「浮遊浴」の気持ちよさ

©2020 NEW STANDARD

サウナ室を出て、さあ、お待ちかねのプール。なんてコンパクトな動線だろう。まずは、すぐ側のシャワーで汗を流す。

温度の違う2種類が用意されているが、低いほうの設定温度は13℃。迷わずこちらをチョイス。キンキンだ。しっかりと浴びれば、プールの水温の高さはカバーできる。体を冷やしてプールに入ると、温冷交代浴ならぬ“冷冷交代浴”が完成する。

普通の施設では許されない“浮遊浴”をしていて気がついた。なるほど、確かにこれはヤバい。

何がヤバいって、ぷかぷかと浮かんでいると、耳が水で覆われて無音の世界に行けること。雑音がない自分だけの世界。しかも、視界の先には青い空。天国へのカウントダウンが始まる……。

©2020 NEW STANDARD

以前、日本サウナ学会の代表理事を務める加藤容崇医師に「医学的には水風呂の理想は浮遊浴だ」と教えてもらったが、残念ながらそんなに広い浴槽があるのは「アクア東中野」か「ニューウイング」くらいというのが我々の結論だった(広さの問題はもちろん、マナー的にもよろしくない……)。

しかし、ここではオフィシャルに楽しめるプレイ。水温の高さを補って余りある、贅沢な体験だ。

外気浴のオススメは
エントランス側の角!

©2020 NEW STANDARD

外気浴の前にもう一発キンキンのシャワーを浴びて、ととのいイスに倒れ込む。イスの数は申し分ない。

オススメはエントランス側の角だ。心地いい湘南の風が入ってくる。プールサイドでの外気浴は、そう体験できるものじゃない。海外のビーチリゾートのような景色と相まって、すっかりととのってしまった。

©2020 NEW STANDARD

このサウナは、宿泊者はもちろん、11時~16時ならデイユースも可能。必須ではないが、確実に入りたければ予約したほうがいいだろう。デイユース料金は4000円〜5000円(税込)。

都心からほんの1時間でアクセスでき、非日常を満喫できるとあれば、決して高くはない。狙い目は平日。有給取得も大いにアリかと。水着着用、男女共用のため、パートナーや性別を超えたサフレと一緒に楽しめるのも嬉しい。

それにしても、あと数ヶ月もして寒くなれば、このプールが今よりもっと最高の水風呂になるはず。冬の訪れが待ち遠しい!

©2020 NEW STANDARD
Top image: © 2020 NEW STANDARD
湘南ビーチカルチャーの発信基地として、ファッション、アート、音楽、フードの要素を融合したホテル「8HOTEL」が、湘南に2店舗目となる「8HOTEL CH...
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
『週末フィンランド』の著者・岩田リョウコが女性目線でオススメする「サウナ5選」を紹介します。ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパ・フィンランドへ「サウナ旅」...
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
肌着メーカー「GUNZE(グンゼ)」から、「肌にやさしい洗える冷感布製マスク」が登場。肌触りがよく、長年に渡って肌に触れる製品を作ってきたこだわりを感じる...
複合リゾート施設「BIO RESORT HOTEL & SPA O Park OGOSE」(埼玉県入間郡)に、3月、一棟貸しの宿泊施設「サウナスイートキャ...
サウナに行けず、そろそろ“禁断症状”が出ているサウナーも少なくないはず。そこで、「自宅でととのう方法」をご紹介。
奈良県奥大和地方、山添村。竹林に囲まれた自然と一体になれるサウナが「ume,sauna」だ。
エストニアで生まれた「SaunAudi」。名前から想像できると思いますが、アウディをサウナみたく改造しているんです。
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、パフォーマンスを最大化するための医学的に正しいサウナの入り方について教えてもらった。
「Off-White(オフホワイト)」のアクティブウェアが人気必至!ジムやスポーツ用はもちろん、普段着使いしたいトレーナーやパーカーも!
帯広・北斗病院に勤務する加藤容崇医師に、巷であれこれ語られるサウナの効果・効能の真偽をハッキリさせるべく疑問をぶつけた。
いまさら聞けないサウナの基礎知識やサウナの種類、効果やメリット、正しい入り方まで、医学的な視点を交ながら解説!サウナは痩せるの?「ととのう」とはどういう感...
ヘルシンキの人気サウナ「Löyly」に、夜に行って気づいたこと。
9月21日(土)〜23日(月)の3日間、長野県の「フィンランドヴィレッジ」にて、日本最大級のサウナフェス「SAUNA FES JAPAN 2019」...
サウナに関する研究を進め、医学的効能をより詳しく明らかにし、人々の健康増進に役立てる。さらには、研究成果を社会にわかりやすく発信し、適切なサウナ利用に向け...
東京・銀座に、美容目線で厳選したナッツ16種類を揃える専門店「美容とナッツの専門店 produced by Terra grano」が登場。専門スタッフに...
今月1日(火)、「味覇(ウェイパァー)」に新商品の青い缶がお目見え。エビにアサリ、昆布、オイスターなどを合わせた海鮮調味料だ。
「マインドフルネス」の最前線。川原や海辺、プールサイドやフェス会場などに持ち込むことのできる「テントサウナ」。近年のサウナブームのなかにありながら、独自の...
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
利用者個人の感染症対策はもちろんだが、やはり施設側の対策も気になるところ。
おなじみの加藤容崇医師に、withコロナ時代のサウナ利用において注意すべき点を聞いた。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
サウナーにおすすめしたい東京の「極上サウナ」をご紹介します。たまには時間を忘れて、のんびり、リラックス。サウナと水風呂で身体と心をさっぱり整えましょう。