女性でも楽しめる!フィンランドのサウナ5選

最近、「サウナってもしかして、汗ダラダラのおじさんの世界……じゃないのかも?」って思い始めているみなさん、正解です。そしてすでにサウナの世界に足を踏み入れているみなさん、大正解です。サウナは、嫌なことがあっても「ま、いっか。また明日からがんばろっと」と思わせてくれたり、サウナを出る頃には疲れ切っていた身体が軽くなっていたりと、わたしたちの心と身体を解きほぐしてくれる存在です。

こうしてサウナに行き始めると「本場フィンランドのサウナに行ってみたいな」と憧れ始めるはずです。わたしもそうでした。ヘルシンキのサウナから始めて、森の中のサウナ、そしてラップランド地方のサウナまで、どんどんディープなサウナ旅をしています。今度フィンランドへサウナ旅に行こうかなと考えている方のために、フィンランドのおすすめサウナをご紹介します。

1. LÖYLY(ロウリュ )

©岩田リョウコ
©岩田リョウコ

フィンランドのサウナが気になり始めた人なら読んだり聞いたりしたことがあるかもしれません。ヘルシンキの都市型サウナの代表格で、食とサウナを一緒に楽しめるおしゃれな施設です。薪サウナ、スモークサウナがあって、サウナから目の前に広がるバルト海にドボン!できちゃいます。こちらは男女共用なので水着をお忘れなく。そして真冬は海へ降りていく階段の手すりが凍っていて手が張り付くので、ご注意を!

 『LÖYLY(ロウリュ )』
【住所】Hernesaarenranta 4
【アクセス】カンピ駅などから市バス14番でHenryFordinkatu下車徒歩1分
【営業時間】16:00〜22:00(月〜水)/13:00〜22:00(木)/13:00〜23:00(金)/8:00〜10:00&13:00〜23:00(土)/13:00〜21:00(日)
【料金】19ユーロ(2時間制)
【WEB】https://www.loylyhelsinki.fi/

2. KOTIHARJUN SAUNA(コティハルユ サウナ)

ヘルシンキ市内最古の公衆サウナで1928年創業。ここの薪サウナは優しい香りとなめらかな空気ですが、大きなサウナ炉なのでロウリュをすると空気が一変、急に熱くなります。それがわたしはたまらなく好きです。男女別なので、日本の銭湯のように裸で入ります。赤い「SAUNA」ネオンの下、タオル一枚で地元の人たちとビールを飲みながら外気浴できるのは、フィンランドならではの体験です。

©岩田リョウコ

 『KOTIHARJUN SAUNA(コティハルユ サウナ)』
【住所】Harjutorinkatu 1
【アクセス】地下鉄Sörnäinen下車徒歩6分
【営業時間】14:00〜21:30(入場は20:00まで)
【休業日】月
【料金】14ユーロ
【WEB】https://www.kotiharjunsauna.fi/

3. REVONTULI RESORT(レヴォントゥリ・リゾート)

©岩田リョウコ
©岩田リョウコ

ユヴァスキュラからさらに電車で25分ほど行った「ハンカサルミ」という村(!)にある秘境リゾート。スモークサウナ、テントサウナ、電気サウナがあります。夕方のマジックアワーには目の前の湖がピンク色に染まります。サウナのあとにピンクの湖に飛び込んで、夜はガラス張りのイグルー部屋でオーロラを見ながら寝られるって、これは地球で一番のサウナかもしれません。

4. RAJAPORTTI(ラヤポルティ)

©岩田リョウコ
©岩田リョウコ

「サウナ・キャピタル」のタンペレにある1906年から続くフィンランド最古の公共サウナです。サウナ室のドアをあけると、「ぎゃ!」と声が出るほどおどろおどろしい雰囲気ですが、サウナはやさしい毛布につつまれているような滑らかな空気と湿度。そしてここのオモシロいところは、サウナ室は男女別なんですが、サウナ炉がつながっているので、男性側がロウリュすると女性側にも物凄い熱波が自動的にやってきます。

 『 RAJAPORTTI(ラヤポルティ)』
【住所】Pispalan valtatie 9
【アクセス】市バス2番で終点のRauhanieme下車徒歩5分
【営業時間】18:00〜22:00(月水)/15:00〜21:00(金)/14:00〜22:00(土)
【休業日】火木日
【料金】6ユーロ(月水)/10ユーロ(金土)
【WEB】http://www.rajaportinsauna.fi/index.ja.php

5. LAPLAND HOTELS BULEVARDI(ラップランドホテル・ブレヴァルディ)

©岩田リョウコ

ホテル?と思いますよね。自分のホテルの部屋にプライベートサウナが付いています。いつでも好きな時に入れますし、ロウリュだって好きなだけできます。公衆サウナでフィンランドの人たちと一緒に入るサウナも最高ですが、やはり1日の終わりはひとりでゆーっくり入るサウナは至極です。ベッドの真横にガラス張りでサウナが見えるので、サウナ好きさんは寝てなんかいられないセッティングです。

 『 LAPLAND HOTELS BULEVARDI(ラップランドホテル・ブレヴァルディ)
【住所】Bulevardi 28
【アクセス】トラム2、4、5、7番でAleksant.teatteri下車徒歩1分
【料金】1人1泊159ユーロ〜
【WEB】https://www.laplandhotels.com/

今回はフィンランドのおすすめサウナを5つだけご紹介しましたが、『週末フィンランド』では他にもいろいろなサウナを紹介していて、わたしのサウナ体験記も書いています。フィンランドって実は日本から一番近いヨーロッパなんです。週末プラス1、2日でサウナを十分満喫して、心も身体もピカピカで帰ってこられます。次のお休みにフィンランドへサウナ旅、いかがでしょう?

週末フィンランド~ちょっと疲れたら一番近いヨーロッパへ

「森の中のサウナに入って、オーロラを見たい!」心が疲れたら週末に有給1、2日をつけてフィンランドへ。サウナ発祥の地と言われるフィンランドは、森、湖、オーロラなどの自然からデザインやグルメまで楽しめる「地球で一番しあわせな国」。本書はフィンランド観光局公認サウナアンバサダーの岩田リョウコ氏による、初めての人でも二度目、三度目でも、とにかく週末でフィンランドをたっぷり堪能するための最新情報が満載の1冊です。

Top image: © 岩田リョウコ

関連する記事

見知らぬ他人と3密空間で過ごさなくて済む「貸切サウナ」を5つ紹介。
長野県の野尻湖畔にあるゲストハウスLAMP。ここは、周囲に2000m級の山々が連なる大自然の中の宿。2019年2月8日、その敷地内に、新しくフィンランド式...
2020年も多くのサウナ施設が登場し、“ととのい”を愛する者たちをざわつかせた。今年オープンした(リニューアルを含む)最旬の5つの施設を紹介。
12月4日、東京・神楽坂に日本初となる完全個室のフィンランド式サウナ「ソロサウナtune」がオープン。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
一口にサウナと言っても施設ごとに個性があります。今回は都内在住のサウナーが、心からオススメする「東京都内のサウナ5選」をそれぞれの特徴や魅力を交えて紹介。...
聖地「サウナしきじ」の娘であり、豊富な知識を誇る笹野美紀恵さんに「女性サウナーが行くべき施設」を聞いた。

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...