現代版「金継ぎ」で修復されたイス

壊れてしまったモノに、美しさという付加価値をつけて、新たな命を吹き込む「金継ぎ」。

ブラジル人アーティストTatiane Freitasさんが手がけた作品は、その日本文化を彷彿とさせるような仕上がりになっています。

彼女は、家具の壊れてしまった一部をアクリルを使って、原形を蘇らせるように修復。そのルックスからは、金継ぎという技法をアップデートしたモダンさも感じられますね。

Top image: © Tatiane Freitas
andmore
他の記事を見る
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する技術です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
道具を一切使わず自分の体だけを使ってイスをつくりあげたNikolas Bentelさん。歯や腕など体の様々な部位だけを使ってイスをつくりました。その内容が...
オーストラリアから驚きのニュースが届きました。茂みの中を散歩していた親子が手のひらサイズの「金の塊」を発見したというもの。しかもその価値、日本円で約265...
デザイナーGavin Munroさんによるプロジェクト。イギリス・ダービーシャー州にある農園「Full Grown」で、生育中の木に接ぎ木や剪定をすること...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
ブラジルのHOOBOX ONE Roboticsが発表したのは、表情で動きをコントロールできる車イス「Wheelie 7」。
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
ストレスやうつ病を緩和し、人々に長生きと幸せをもたらす家具を、と考えて、この「Huggie」をつくったそうです。体に合わせて膨らんできて、気持ちよく包み込...
使い古して役に立たなくなった布やボロ切れを使用して作られた衣服「BORO」。装飾的な美しさだけでなく、寒さをしのぐために、丈夫にするためにと、実用性を追い...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
一人暮らしをしている人は部屋のスペースが限られているので、ダイニングテーブルやイスを置くことがあまりないのかもしれません。でも、この「Bookchair」...
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...
「Nomad Hammock」の見た目は普通のバックパックで、20Lの容量があるといいます。だけど、ハンモックにも変身するのだとか。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
サブスクリプションサービスが当たり前の存在になりつつある中で、IKEAも毎月決まった価格で家具を使えるサービスを展開するようです。