もし「ディスニープリンセス」が現代を生きていたら、きっとこんな感じ

ディズニープリンセスが大好きな、イラストレーターのAnooshaさん。このたび、「もし彼女たちが、21世紀に生きていたら?」という想像のもと、以下のようなイラストを描いてみたのだそう。「個性を上手く表現したわ!」と述べる彼女の作品をご覧あれ!

01.
ジェーン

『ターザン』のジェーンはアーティストに。ロールアップしたパンツに豹柄(?)のヒールがキマってます。

02.
ムーラン

ムーランは陸軍士官学校の生徒。

03.
エスメラルダ

『ノートルダムの鐘』のエスメラルダはバレエダンサー。

04.
ポカホンタス

言語学者になったポカホンタス。

05.
ジャスミン

『アラジン』のジャスミンは旅行ブロガー。職業が現代っぽい!

06.
ベル

オタク少女・ベル。手にしているバッグはなんと…。

07.
アリエル

やはり気になるテーマなのでしょうか、アリエルは人類学者に。

08.
白雪姫

白雪姫はSNSの女王。Twitterへの投稿が大好き。もちろん、自撮りもしてみたり?

09.
メリダ

メリダはパンクロッカー。イケイケです。

10.
ティアナ

起業家のティアナは服装もキレイ目!

Licensed material used with permission by Anoosha Syed
他の記事を見る
女性ライターのJasmine Vaughn-Hallは、「Elite Daily」でディズニー映画のヒロインたちが、もしも友達だったらどこへ出かけるのがベ...
もしも彼らが2017年に足を踏みいれたら、夢と希望で溢れた物語は、どう変化してしまうだろう?と考えたTom Ward Studio。現代の闇を感じさせるに...
ディズニーのキャラクターたちが現実に実在していたら…。そんな切り口から劇画タッチでイラストに起こしたのが、オーストラリア、メルボルン在住のアーティスト J...
1937年の『白雪姫』を皮切りに、これまで50以上の作品を世に送り出してきたディズニー。その多くには、ストーリーに彩りを加える「プリンセス」の存在が欠かせ...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
「HOKA ONE ONE」の「ORA RECOVERY SLIDE」は、疲れた足を回復させるためのリカバリーサンダルです。
アーティストのJosé Rodolfo Loaizaの作品は、私の大好きなディズニーのイメージを見事に破壊してくれた。彼の描くディズニーはすべて、ハッピー...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
ディズニーの人材トレーナーとして、10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、どんな現場であってもコツさえ掴...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
2018年12月8日から2019年1月6日にかけて、ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート博物館では、ジンジャーブレッドを使ってつくられた街が展示されてい...
いくら世の中で名作と呼ばれていても、芸術作品というだけで“お堅いイメージ”がある。気難しい顔をした『ゴッホの自画像』、すました顔をした『真珠の耳飾りの少女...
書籍『3日で変わるディズニー流の育て方』では、ディズニーのキャストを10万人育てたという著者の櫻井恵里子さんが、人もチームも自立できる「チームビルディング...
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...
ポートランドに「Portland Chinatown Museum(ポートランド・チャイナタウン・ミュージアム)」がオープン。この博物館では、文字通りチャ...
映画やマンガに登場する、生ける屍たち。一度は死んでいるのにも関わらず、何かに執着するように彷徨う彼らは、なんとも不気味です。Gunduz Aghayevは...
老舗料亭で生まれ育ち、大学卒業後は三越に就職し、のちにフロリダのディズニーで働くという長年の夢を叶えた上田比呂志さん。ディズニーで働く彼の視点から学べるこ...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
チームがひとつの目標へ向かい、スタッフそれぞれが、やるべきことを懸命に取り組むことは、ほんとうに大切なことです。ディズニーが夢の国であり続けられるのは、そ...
現代社会は闇だとか、生きづらいとか。そんな批判をすることもできますが、だからこそ面白いこともきっとあるはず。Francesco Bongiorniさんが今...
電気、ガス、IH。炊飯器が進化しても求められるごはんといえば、「かまど」で炊いた“ふっくら”した炊きあがり。ならばいっそ、かまどでごはんを炊いてみてはいか...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...