ディズニーキャラを現代に登場させたら、ストーリーは崩壊した。

もしも彼らが、おとぎ話の世界から一線を越えて、2017年の現代に足を踏みいれたら、夢と希望であふれたストーリーは、どう変化してしまうだろう?

現代の「闇」の部分を再認識するのに、真逆に位置する“彼ら”をアサインすることがこんなにも効果的とは。

ああ…“残念さ”満点。

イラストは「Tom Ward Studio」と名乗る男性の作品。劇中に登場するワンシーンを彼独自の視点で描き変えたとき、水質汚染に苦しむ海の生き物や、侵入者対策の防犯カメラ、これから始まりそうにもない冒険に、胸がチクリと痛んだのは私だけだろうか。

こんな夢のない世界、嫌だな……でもこれも現代。続きはInstagramで。

Licensed material used with permission by @TomWardStudio, (Twitter), (Facebook)
ディズニーのキャラクターっていえば、誰が頭に浮かんでくるでしょうか?アラジン、ピノキオ、それともニモ…。じつにたくさんのキャラが存在するわけですが、そこに...
アーティストのJosé Rodolfo Loaizaの作品は、私の大好きなディズニーのイメージを見事に破壊してくれた。彼の描くディズニーはすべて、ハッピー...
いつもと少し違う姿の『リトル・マーメイド』のアリエルや『アラジン』のジャスミンたち。InstagramでTrans Disneyと名乗る人物が描くのは、自...
アメリカを代表するディズニー(Disney)とテスラ(Tesla)がパートナーシップを組むことを協議中という噂が......。このコラボが実現すれば、本場...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!