車社会の「成れの果て」を描いたイラスト10選

サンフランシスコ在住のアーティスト、Michael Kerbowが描くイラストの多くは、「自動車」が主役。それも、たっぷりな皮肉交じりの。今回は、車社会への警鐘ともとれる作品を10点セレクト。自分自身へも問いかけながらチェックして欲しい。

01.
全交通網渋滞
でも、もっともっと!

02.
車社会の行き先

03.
エンパイア
クレイジー
カークルージング

04.
おバカーさんのパラダイス

05.
キャスト・アウェイ
見捨てられた車たち

06.
ラストカーテン
車のための終曲

07.
リヴァイアサンと
カーライフの没落

※リヴァイアサンとは、旧約聖書に登場する海中の怪物。

08.
「モーゼの十戒」?
これは、モーターへの十戒

09.
沈みゆく車文明

10.
危険な車社会

ちなみにタイトルは、Michelの表題をベースにアメリカの自動車社会を歴史的に考察し、日本人の読者にも分りやすいようアレンジを加えたもの。共感の度合いは、以下の「ささった!」ボタンでリアクションを。

Licensed material used with permission by MICHAEL KERBOW
他の記事を見る
以前も紹介したことがあるMarco Melgratiさんの風刺画。新しい作品も、インパクト大のものがズラリ。何気ない私たちの日々のおこないも風刺されていて...
2014年、ロンドンのクリエーターSteve Cuttsによる社会風刺アニメが、世界的な話題となった。消費や欲望、自然破壊といった“見えづらい日常”の行く...
Igor Morski(イゴール・モルスキー)は、現代社会を風刺した多数のイラストを発表しているポーランドのアーティスト。温暖化や監視社会、まるで何かに操...
今の世の中に、満足していてもそうじゃなくても、 Jan Siemenの10枚のイラストを見て感じたことについてじっくり考えてみて欲しい。案外、自分の人生に...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
「FlexiSpotデスクバイクV9」は、堅牢なデスクやモニターアーム、テレビスタンドなどを造り続けてきた企業「Loctek」が生み出したもの。重力センサ...
現代社会をシニカルに描くフランス人イラストレーターJean Jullienさんが、画集「MODERN LIFE」をリリース。さっそく話題になっています。1...
イラストレーターMarco Melgratiが描くのは、「社会の闇」を感じる作品。彼のイラストは、世の中へのちょっとした嫌味を感じてしまうものばかり。会社...
2015年9月27日、晴天。パリの空は、いつもと比べて青かったという。それもそのはず、この日のパリ市内は車が極端に少なかったのです。パリ中心地を1日歩行者...
濃淡のあるタッチで描かれた動物たちは、どれも生き生きとして見える。こんな車とすれ違ったら、振り返ってじっくりと眺めてしまう。なんて、最初はそう思っていたん...
「Poutnik(ポートニック)」のBLADE Jacketは、収納力を確保しながらもスッキリした印象です。
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いた、テクノロジーに依存した社会を風刺する作品を紹介。その他の作品は、彼のホームページで。
アウトドアに出かけて、美しい自然の中でハンモックに揺られる。憧れる光景ではあるけれど、設営のために場所を選ばなきゃいけないのが難しいところ。そんな問題を解...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
オランダの下院議会に提出された法案が話題になっています。2016年3月30日の「NL Times」によれば、なんと2025年までに化石燃料を使用する車の販...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
東京生まれの東京育ち。1998年生まれの20歳。
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
世の中はもの凄いスピードで変化していく。たとえば携帯。最初は持ち運べる電話というだけで驚きだったはずなのに、着メロが作れるようになり、カメラが付いた。する...
IKEAのイノベーションラボ「SPACE10」より発表された自動運転車向けの家具デザインプロジェクト<Space on Wheels>。
社会の闇を感じるイラストを見つけました。スーツが「喪服」のように見えてしまうサラリーマンたちを見ていると、仕事とは人生において何なのだろう。そう思わずには...
幸せって、みんなと同じ道を目指すこと? 人の価値は見た目で判断されてしまうの?イギリスのイラストレーター・John Holcroftさんは、そんな現代人へ...
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
車イスで旅行をするための情報を集めた『Have wheelchair will travel』を運営している、Julie Jonesさん。それはハンデでは...