陶片を箸置きとしてよみがえらせる。日本人陶芸家の「金継ぎ」がNYへ

金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する技術です。

ここで紹介する画像は、陶芸家・鴨下知美さんの作品。波に運ばれ砂浜へと漂着した陶片を使用しており、“蘇える”をイメージして作られました。

金継ぎで蘇る
陶器のカケラ

以上は、6月23日から7月30日までNY・ローニンギャラリーで開催されている「Contemporary Talents of Japan」に出展されている品々。収益の一部が東日本大震災への支援基金となる同展覧会のテーマは、波。

浜に流れついた陶片やシーグラスに、桜色の器の破片を繋ぎ合わせることで、咲き誇る桜の優しく強い姿を表現しています。本人のコメントを紹介します。

「東日本大震災から5年、そして、今年4月の熊本地震。震災により今も大変な生活をなさっている方が多くいらっしゃると思います。日々制作し発表できる事への感謝を思い直し、復興を願っています」。

欠けたモノに、新しい魅力を付け足して蘇らせる作品の数々は、公式webサイトでも閲覧できます。金継ぎ以外の陶芸作品もぜひ。

Licensed material used with permission by 鴨下知美
日常のなかで、お皿やカップを割ってしまえば、捨ててしまうのが当たり前。でも本当にそれでいいのだろうか。
四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで...
超がつくほどミニチュアサイズの壺や花瓶や食器。ただ、サイズは小さくても、陶芸としての精度は非常に高く、思わず見入ってしまいます。これらは、ワシントン在住の...
NIKKORIEの陶器製品「剣道のメン箸置き(青萩色)」は、丁寧に手づくりされた一点もの。長く使うほど色合いや、ゆがみなどに愛着がわく一品です。必ずや食卓...
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
オーストラリア・ボルテックスエアーの飛行機が、目的地を約46kmもオーバーする大失態。これだけでも重大な問題なのですが、「パイロットの居眠り」が原因という...
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
京都の竹工芸職人、小倉智恵美さんが手がけるのは、代々伝わる「竹籠」の技術を活かして作られた「Kyoto Basketry Accesory Series」...
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
自分の履きじわがついたデニムや、使い込まれて飴色になったヌメ革の財布。エイジングは、ライフスタイルに直結する楽しみだ。つい先日、愛知県の瀬戸市へ行ってきた...
瀬戸市の旧市街を彩る末広町の入り口に、「金福(きんぷく)」はある。炭火ではなく、昔ながらの琺瑯でできたガスコンロで一気に焼いていくと、かみ応えのあるホルモ...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
現地時間11月18日(日)16時。フィレンツェはミケランジェロ広場から、コンテンポラリーアーティストの蔡國強さんが手がけた作品が打ち上げられました。
11月25日(土)・26日(日)に金沢で行われる『KOGEI Art Fair Kanazawa 2017』。これはよくある「工芸展」ではなく、「工芸アー...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
フィリピンの首都マニラの南東に位置する街マラヤ。 農村地域に広がる貧困が、多くの子供たちを小規模金採掘に関わらせている。生きるため食べるために、危険を冒す...
「とろーん」とアイスが溶けているようなこの見ため。カラフルな釉薬を使った、「あいまいさ」や「流動性」を抱くうつわ。お花を生けて朝日を浴びていたら、なんて考...
箸置きはもういらない!と言わんばかりの便利な道具が開発されました。ひし形に設計されており、持ち手を重くすることで、テーブルに置いても先端部分が浮く仕組み。...
使い古して役に立たなくなった布やボロ切れを使用して作られた衣服「BORO」。装飾的な美しさだけでなく、寒さをしのぐために、丈夫にするためにと、実用性を追い...
アメリカのクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、伝統工芸品分野で異例の1400万円の調達に成功した「Haori Cup」を紹介。軽くて...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...