手のひらどころか、指先サイズの「陶芸品」にオドロキ。

超がつくほどミニチュアサイズの壺や花瓶や食器。ただ、サイズは小さくても、陶芸としての精度は非常に高く、思わず見入ってしまいます。

これらは、ワシントン在住の陶芸家、Jon Almedaさんの作品。

一体どのようにして、このような手のひらサイズ…もとい、指先サイズの小さな陶芸を作っているのでしょうか?

サイズは小さくても
作り込みは細やか

鍵と同じサイズの壺や、落ち葉よりも小さな花瓶。ちゃんと、模様まで綺麗に施されています。

ティーバッグよりも、ずいぶん小さな急須。蓋や取っ手のディテールに至るまで精巧。

こんな風に、指先に乗るほどの小ささ!

電動ろくろを使って
器用に形成

こちらが、実際に作品を作っているときの動画。指先だけでなく、小さいヘラなどを駆使して形を整えていきます。

この花瓶の先の部分なんて、見ているだけで呼吸が止まりそうな繊細さ。

完成品もいいけど
制作過程がオモシロイ

他の作品も見てみたい、という人はInstagramへ。30万人のフォロワーを魅了する人気アカウントですよ。

Licensed material used with permission by Jon Almeda
andmore
他の記事を見る
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する技術です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
ロイ・リキテンスタイン、ジャクソン・ポロック、草間彌生などにインスパイアされてドーナッツの彫刻をつくっているのは、韓国出身の陶芸家Jae Yong Kim...
デザイン大国デンマークのアーティストにより生まれ変わる日本の信楽焼。陶芸家ラース・ランクの「グリーンモス」シリーズが、逆輸入されて日本展開をスタートします。
Instagramから美しい写真を掘り起こして、表彰しようとはじまったのが「PHOTOBOX INSTAGRAM PHOTOGRAPHY AWARDS(P...
“日本文化×デンマークのデザイン”で仕上がった信楽焼。コペンハーゲンの陶芸家ラース・ランクがつくる「ブルーヒル」シリーズは、ティータイムにもよく似合う。
愛知県・瀬戸市に窯を構える陶芸作家、「美山陶房」五代目の寺田鉄平氏が開講している陶芸教室では、初歩から高等技術まで教えてもらえる。80歳を超える老人も通う...
「Unnecessary Inventions」というInstagramアカウントの紹介。名前の通り、不必要な発明品……あっても使わないだろうモノがフィー...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
陶芸家・古賀崇洋氏の器。シンプル・ミニマムなデザインが席巻する時代に、この圧倒的な個性。口当たり?持ちやすさ?そんな普通の評価軸では語れません。いや、だけ...
「とろーん」とアイスが溶けているようなこの見ため。カラフルな釉薬を使った、「あいまいさ」や「流動性」を抱くうつわ。お花を生けて朝日を浴びていたら、なんて考...
ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
デジタルアートを駆使して、摩訶不思議な街を生み出しいるのは、バルセロナを拠点に活躍するアーティストのVictor Enrich。映画「インセプション」ばり...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。Instagramの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは...
タルトばっかりを投稿しているInstagramアカウント「@lokokitchen」を見つけました。
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
「これ、あの映画に出て来そう!」と妄想せずにはいられない。そんなインパクトある作品を手掛けているのが、メイクアップアーティストMimi Choi(@mim...
小学生の頃、理科の実験でよく使った顕微鏡。普段は見ることの出来ないミクロの世界を始めて見た時は、感動したものです。ただ、顕微鏡を使っていたのは大体屋内。観...