1万円台で買える、手のひらサイズの「ドローン」

いま、世界中で話題のガジェットがあります。イギリス発、世界最小のドローン「Micro Drone 3.0」。

th_スクリーンショット 2015-08-14 20.15.47

指でつかめるほどに小さい、このドローン。クラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金調達をしたところ、約1,000万円の目標金額を大きく上回り現在なんと、約2億5,000万円もの資金を集めるほどの話題っぷり!

価格も安く、150米ドル(約1万8,000円)。リーズナブルで小さいこのドローンですが、特筆すべきはその機能性。
ここからは、Indiegogoで紹介されているMicro Drone 3.0の特徴を5つに分けて紹介していきます。

01.
スマホからの操作も
自由自在

th_スクリーンショット 2015-08-14 16.00.05

iOSやAndroid対応の専用アプリをダウンロードすると、スマホから自由自在にドローンを操ることができます!さらに付属のコントローラーでも操作可能。

th_スクリーンショット 2015-08-14 16.11.24
コントローラーからは、300フィート(90メートル)の距離まで自由自在に動かすことができます!

02.
付属のヘッドセットで
パイロット気分を味わえる!

th_スクリーンショット 2015-08-14 16.01.00

さらに付属でついてくるFPVゴーグルを頭に装着すると、まるでドローンに乗っている気分で操作できます。

th_スクリーンショット 2015-08-14 16.01.07

このゴーグルをつけてドローンレースをするという楽しみ方まで。遊び方は人それぞれ、無限大!

03.
走行中の
風にも強い!

th_スクリーンショット 2015-08-14 19.56.27

小さいドローンは風に弱いと思われがち。ですが、Micro Drone 3.0は安定した飛行を実現します。なんと45mph(秒速20メートル)もの強風の中でも、機体を安定して飛行することができるとか。

04.
この小ささで!
フルHDの高画質撮影

th_スクリーンショット 2015-08-14 16.00.38

720×1280のHD撮影に、1秒間で30フレームの撮影ができます。オートレベリング機能も搭載されており、自動的に水平になるため安定した撮影も可能にしてくれます。

05.
バッテリー交換も超簡単!

th_スクリーンショット 2015-08-14 19.59.52すぐに取り外しが可能なため、バッテリーを交換するのに15秒もかかりません。いくつかバッテリーを持ち歩いておくと便利。

th_スクリーンショット 2015-08-14 16.02.02

現在、Micro Drone 3.0はIndiegogoで購入できます。
価格は、150米ドルに日本への配送で20米ドルの合計170米ドル(約2万円)から。興味のある方はこちらから!

Licensed material used with permission by Agency 2.0

ドローンの選択肢は急増中。種類がたくさんあるのは嬉しいのですが、ちょうどいいモノを見つけるのがなかなか難しいところ。いくつか欲しい機能がありますよね。たと...
アクションカメラ「PITTA」は、マウントを付け替えるだけで、手のひらサイズのドローンへと姿を変えます。使っていないときは、防犯カメラとしても活躍してくれます。
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...
小型軽量化が進むドローン技術ですが、それでも尚サイズや重量、さらには価格がボトルネックにありました。これら全てを一度に解決してしまう、画期的なドローンが誕...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
「Cleo」は重さ90gで、ドーナツ型のドローンです。これなら飛ばせる場所の選択肢も多くなるんです。しかも、壊れにくいというのもポイントです。
「地元・浜松の人にも知ってもらいたい」。オーナーの山﨑浩さんがそう語るのは、浜松の春野町を中心に獲れる鹿や猪のお肉を使った「ジビエ料理」のこと。わざわざ足...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...
その重さ、わずか500g。スマホでの操作も簡単で、なんと4K動画まで撮影できる。そんな驚くべき機能を備えた、プロ仕様のドローンが登場した模様!スマホ操作・...
手間とコストのかかる植林を自動で行うドローンが開発された。地形の分析、区間やルートの設計、植林後の経過のモニタリングとデータ解析までしてくれる優れもの。植...
楽しい楽しいショッピング、ついたくさん買ってしまうと荷物を運ぶのもひと苦労。「そんなの、彼氏を呼んで荷物を持ってもらえばいいじゃない」と言えればいいのです...
必要最低限の機能しかないスマホがクラウドファンディング中です。電話、メッセージ、ナビゲーション、アラーム。これ以上ないくらいシンプルな佇まいで週末に使える...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
大会3日目のフランス対オーストラリアは歴史的な試合になった。
撮影用のドローンにも様々な種類がありますが、これは画期的! 現在米軍では、大きめのハチぐらいというミニサイズの撮影用ドローンがテストされています。2015...
ドローンを使った宅配サービスは日進月歩。物流各社による運用に向けたテスト飛行がこうしてニュースになることからも、近い将来、現実のものとなるのは間違いないは...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...