1万円台でオーダーできる「チノパン」。

1年のほとんどをカジュアルで過ごす僕のちょっとした不満。

スーツなどフォーマルウェアと違って、カジュアルウェアで細かい仕様を自分好みにオーダーできるサービスが極端に少ない!

例えば、気に入って購入した既製品のパンツでも、“裾をダブルにしたいな〜”とか“フラップポケットのほうがバックスタイルがキマるのに”なんてことが時々あります。

一からオーダーしたいってわけじゃないんです。そんなにお洒落じゃない(笑)。ちょっとしたアレンジを加えたいだけ。

そんなワガママに見事に応えてくれるのが〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉です。

オーダーメイドのビジネスウェアを得意とするブランドなので、スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオーダーもできるんです。しかも、スマホで簡単に。

色や素材から生地を選んだ後、裾やポケット、タックなど8つのディテールを選択できるシステムは、洋服に対する知識が一切なくても大丈夫。ベースのパターンがスマートなので、ビジネスカジュアルとしても使える、汎用性の高いパンツを誰でもつくれちゃいます。

価格も税込1万9,800円〜と手が出やすい。というか、自分オリジナルのチノがつくれる、と考えれば安い。

1年を通してチノパン頻度の高い人(僕もそう!)、〈FABRIC TOKYO〉に注目です。

ちなみに、撮影用に何本かサンプルをお借りしたんですが、この春夏の生地がとてもいい感じでした。質感はコットンなのに、ストレッチが効いていて。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
さて、ここからはノートの自慢。
「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...
オーダーシューズブランド「MARNON(マルノン)」の初の直営店が、6ヵ月限定で新宿駅にオープン。
ここ最近では定番商品にラインナップするお店も増えてきている「塩パン」ですが、その発祥のお店は愛媛県の八幡浜市(やわたはまし)にありました。多いときには、1...
焼きたてのパンのおいしさをそのままに、そして地球に優しい素材で出来ています。
ドイツ・ミュンヘンのスタートアップ企業「Sono Motors」が開発した世界初の量産型ソーラーカー「Sion」の予約受注台数が1万台を突破。1台あたりの...
スリランカのファッションブランド「M FACT」。洋服のカラフルさが目を引きます。シルエット自体はシンプルなものが多く、首元が台襟になっていたりバンドカラ...
世界には年収1000万円以上を稼ぐフリーランスがごろごろいます。そこで「Six-Figures」と呼ばれる彼らにインタビューを敢行。vol.5はライターで...
ちょっと大きめで2人用の鍋のイメージで使える。
日本全国のホステルで使える泊まり放題のパス「ホステルパス」の予約受付が10月からはじまりました。日曜日〜木曜日の間のみ使用できる年間パスは18万円(月15...
先日、20万キロを走行した1996年式のホンダ・アコードに、「eBay」のオークションで驚愕の値段が付きました。その額は、約1,700万円!出品者は、どん...
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
「SUOONO(スオーーノ)」は、360°スピーカーが2台セットになっています。同じ空間に左右2台置いて、ステレオサウンドを楽しむことができるんです。もち...
フランスのハイエンドなオーディオメーカー〈FOCAL(フォーカル)〉の「SPARK WIRELESS」です。
管理栄養士いわく、ごはんとそれ以外(麺類含む)の主食の比率が9対1くらいが理想的だそう。毎日3食食べるのであれば、3日に1食くらいのバランスがおすすめです。