1万円台でオーダーできる「チノパン」。

1年のほとんどをカジュアルで過ごす僕のちょっとした不満。

スーツなどフォーマルウェアと違って、カジュアルウェアで細かい仕様を自分好みにオーダーできるサービスが極端に少ない!

例えば、気に入って購入した既製品のパンツでも、“裾をダブルにしたいな〜”とか“フラップポケットのほうがバックスタイルがキマるのに”なんてことが時々あります。

一からオーダーしたいってわけじゃないんです。そんなにお洒落じゃない(笑)。ちょっとしたアレンジを加えたいだけ。

そんなワガママに見事に応えてくれるのが〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉です。

オーダーメイドのビジネスウェアを得意とするブランドなので、スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオーダーもできるんです。しかも、スマホで簡単に。

色や素材から生地を選んだ後、裾やポケット、タックなど8つのディテールを選択できるシステムは、洋服に対する知識が一切なくても大丈夫。ベースのパターンがスマートなので、ビジネスカジュアルとしても使える、汎用性の高いパンツを誰でもつくれちゃいます。

価格も税込1万9,800円〜と手が出やすい。というか、自分オリジナルのチノがつくれる、と考えれば安い。

1年を通してチノパン頻度の高い人(僕もそう!)、〈FABRIC TOKYO〉に注目です。

ちなみに、撮影用に何本かサンプルをお借りしたんですが、この春夏の生地がとてもいい感じでした。質感はコットンなのに、ストレッチが効いていて。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
人気ゲーム「フォートナイト」が「赤十字国際委員会(ICRC)」と異色コラボした新ゲームモード「ライフラン」は、ゲームを通して、地雷撤去や救援物資の支給、イ...