1万円台でオーダーできる「チノパン」。

1年のほとんどをカジュアルで過ごす僕のちょっとした不満。

スーツなどフォーマルウェアと違って、カジュアルウェアで細かい仕様を自分好みにオーダーできるサービスが極端に少ない!

例えば、気に入って購入した既製品のパンツでも、“裾をダブルにしたいな〜”とか“フラップポケットのほうがバックスタイルがキマるのに”なんてことが時々あります。

一からオーダーしたいってわけじゃないんです。そんなにお洒落じゃない(笑)。ちょっとしたアレンジを加えたいだけ。

そんなワガママに見事に応えてくれるのが〈FABRIC TOKYO(ファブリック トウキョウ)〉です。

オーダーメイドのビジネスウェアを得意とするブランドなので、スーツやシャツがメインですが、じつはチノパンのセミオーダーもできるんです。しかも、スマホで簡単に。

色や素材から生地を選んだ後、裾やポケット、タックなど8つのディテールを選択できるシステムは、洋服に対する知識が一切なくても大丈夫。ベースのパターンがスマートなので、ビジネスカジュアルとしても使える、汎用性の高いパンツを誰でもつくれちゃいます。

価格も税込1万9,800円〜と手が出やすい。というか、自分オリジナルのチノがつくれる、と考えれば安い。

1年を通してチノパン頻度の高い人(僕もそう!)、〈FABRIC TOKYO〉に注目です。

ちなみに、撮影用に何本かサンプルをお借りしたんですが、この春夏の生地がとてもいい感じでした。質感はコットンなのに、ストレッチが効いていて。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー!』の記事は、毎日1本公開中です。

関連する記事

アメカジスタイルの定番アイテム「ジーンズ」と「チノパン」の歴史をご紹介! ポケットの形や配置が違う理由は......。
〈SUBLIME(サブライム)〉の「RIPPER SANDAL」は、リップストップのアッパーが今っぽいファッションアイテムだ。
2018年12月に、日本でも有名な飲料ブランド「glacéau vitaminwater」の公式Twitterアカウントが、1年間スマホを使わなかった人に...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
“ホームパーティで気兼ねなく1本スグ空けちゃえ!”系 ワイン。大人数でワイワイと楽しむのが正解。お値段は1,000円台前半。
「QUATTRO LANTERN」は1台で4役をこなすランタンです。もう、名前の通りですね。ランタンを皮切りに、LEDライトやサーキュレーター、モバイルバ...

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「PLAYGROUND」が既存のユーズドスニーカーにカスタムを加え、ここにしかないカスタムスニーカーを販売する「UPCYCLING」ラインをスタート。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
自分の睡眠の質を上げるだけでなく、一緒に眠る人たちも幸せにできる“いびきエチケット”アイテムが、応援購入サービス「Makuake」にて予約販売中だ。