1本9.99ドルの落書きバナナ。これだけで年商1,382万円だって!?

さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように売れているというのだから。著名なアーティストならともかく、その絵っていうのが、まあこんな感じです。

イラスト入りバナナが
飛ぶように売れる!?

このちんぷんかんぷんなビジネスを起動に乗せ、なんと年商130,000ドル(日本円にして約1,382万円)にまで成長させたのは、テキサス州のスタートアップ企業「Bananas Gone Wild」。人気ポルノビデオシリーズ『Girls Gone Wild』に掛けての命名(?)かどうかは定かじゃありませんが。

創設者のDavonte Wilson氏は、もともと医療機器のソフトウェア開発を学ぶ学校に通う学生でした。1日8時間の授業にヘトヘトだったそう。おやつ代わりにいつも持ち歩いていたのがバナナでした。

「ちょっとした気晴らしだったんだ」。持参のバナナに落書きをしたことがキッカケとなり、まさかまさかの仰天ビジネスをスタートさせちゃったんだそう。

「もともと絵を描くことが好きってのもあるけどね。だってさ、感謝の気持ちや愛のメッセージを届けるのに手紙よりもバナナの方が断然面白いに決まってるよ。クールじゃん」。

と「Forbes」に語る Wilson氏。落書きしたバナナ1本9.99ドル。これが飛ぶように売れるっていうんだから、世の中って不思議。

メッセージを添えて
友だちや同僚に送るバナナ

ところで、実際このバナナ誰が欲しがるの?というギモン。どうやら、親しい友だちや同僚にプレゼント代わりに送るのが流行っているみたいです。イラストの他にメッセージ入のバナナも。ホームページからは、カスタムオーダーも受け付け可能。友だちの似顔絵やメッセージ入りバナナを注文する人も多いそう。

食品が送られてくる訳ですから、やっぱり気になるのはその鮮度。ページのFAQには、オーダーを受けてから2営業日以内に届くとの説明があり、画像を見る限り完熟を見計らって届くようなことはなさそうです。

送られた側からはどんな反応が帰ってくるのでしょうね…。考えれば考えるほど謎は深まるばかりです。

Licensed material used with permission by Bananas Gone Wild
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
ロンドンをベースにするアーティストScott Conrad Kellyが、100箇所以上のトイレの落書きから、男女が描く内容の違いを解析したプロジェクト「...
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
紹介するのは『Silk’n Stop』。コレ、生理痛解消のために開発されたアイテムなんです。なんでも、お腹の部分に当てるだけでいいんだとか。ホントなのでし...
今月アップされたこちらの動画は、「1ドルで何が買えるか」の最新版。日本円にして約112円(7/21現在)で、2017年の世界では何が買えると思う?日本なら...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan B...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
浴室、トイレ、息子の部屋…と家中に落書きをしているのは、ベルギーのイラストレーターJoke Neyrich。「家は私の大きなキャンバス」と言い切る彼女は、...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
100箇所以上の公衆トイレにある膨大な量の落書きを撮影して、それらを性別ごとに徹底的に分析したプロジェクト。
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
思い起こせば誰にでも一人くらいは、恩師と呼べるような先生がいるんじゃないでしょうか。この記事の主人公もきっと、いつかそう呼ばれるに違いないステキな先生です...
「ああ〜職場に戻りたくない」「ミーティングがなくなれば」なんて嘆きや、「この一杯が最高!」という、休憩中にカップを手にした時の気持ちを、うま〜く表現してい...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...