バナナ

夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan B...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!「I Heart Intelligence」では、バナ...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
ヴィーガン食品などを手がける「Upton's Naturals」が魚の代替品となる新商品 「Banana Blossom」を発表。
「The Community Against Preventable Injuries」は、事故や事件、怪我を未然に防ぐために、時にユニークな方法で注意を...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
Bluetoothで手持ちのスマホとペアリング。それだけで電話の受発信ができる「Banana Phone」です。
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
「ディズニー」が「ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート」の直営ホテル「ディズニー・ポリネシアン・ビレッジ・リゾート」内のレストラン「コナ・カフェ」で提...
ちょっと特別なスムージーです。というのも、ただ食材をミキサーに入れるだけじゃないから。二層に別れたドリンクや生クリームのトッピングなど、すこ〜しだけ手間が...