バナナの皮、意外すぎる10の使い道。歯が真っ白になる!?

突然ですが、バナナを食べ終わった後の“皮”をどうしてますか?もし捨てているというなら、もったいない!
I Heart Intelligence」では、バナナの皮が持つ10の効果が掲載されています。どうやら、知られざる力が隠されているようです。

01.
虫刺されのかゆみを
軽減してくれる

_181674050これはまだ、科学的には証明されていないこと。ですが、バナナの皮に含まれている多糖には、鎮痛効果があると言われています。実際、地域によっては、蚊に刺された箇所に塗ることもあるそう。

02.
お気に入りの革靴を
ピカピカにしてくれる

269442152バナナの皮に含まれているカリウムが、靴をピカピカにしてくれるのだとか。これからは、市販の靴磨きを買う必要はないかも!?

03.
青アザに効く!?

青アザができた皮膚のところに、バナナの皮をすり込む。するとアザが消える…とまではいかなくても、ある程度の効果が期待できるそう。

04.
歯をホワイトニング

_268932410歯ブラシをする前に数分間、バナナの皮で歯を磨く。これを毎日1ヶ月続けると、真っ白い歯を手に入れることができるかもしれません。
実は、バナナの皮に付着するミネラルが、歯垢やステインを落とすのに効き目があると言われているのです。一度、騙されたと思って試してみては?

05.
一緒に焼くと
お肉が柔らかくなる

お肉を焼く時は、フライパンの中に一緒に入れるべきかもしれません。というのも、バナナの皮がもつ酵素がタンパク質に作用して、お肉をやわらかくしてくれるようです。

06.
発疹をおさえてくれる

バナナの皮に含まれているアストリンゼンが、発疹や皮膚のかゆみをおさえると言われています。

07.
額にこすると
頭痛が和らぐ?

272622281プラシーボ効果では?とも言われていますが、額をバナナの皮でこすると頭痛が消えるという噂も…。もちろん、科学的には証明されていません。

08.
革靴だけじゃない
革製品全般の手入れにも◎

300532166先ほど紹介した革靴だけでなく、ソファーやバッグなどの革製品にもその力を発揮するそう。これでレザーワックスの節約になりますね。

09.
とげ抜きとしても活躍

とげが刺さってしまった箇所に、バナナの皮を30分〜1時間ほど貼って放置。すると酵素の効果で皮膚が柔らかくなり、自然にとげが出てくるのだとか。

10.
手に付いたインクを落とす

000002108896_Large時間が経つにつれて、手に付いたインクって落ちにくくなりますよね。そんな時は、バナナの皮でこすってみましょう。
天然のオイルが、肌についたインクを浮かしてくれると言われています。こすった後は、水で流すことを忘れずに。

Licensed material used with permission by I Heart Intelligence

夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
ミクロネシアの島々では、バナナの木、またはその繊維を使用して生活に必要な物資を作ってきた。その技術を応用してできたのが、「Kosrae」と名付けられた財布...
キウイの皮を向いた際、皮に残った果肉をフル活用するオドロキの料理ハックです。
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ警察が導入を発表したホバーバイク『S3 2019』の飛行訓練がはじまりました。実際に運転している様子は『YouTube』...
インドネシアの島々で、小腹を空かさせて屋台街をふらついていると、決まって行き着いてしまうのがこの「ピサンゴレン」の前。うず高く山のように積まれ、芳ばしい香...
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
虫に刺された後のかゆみを熱と振動で癒してしまうという魔法のようなデバイスが登場。スイッチを入れると、じんわり熱と振動が発生。あ、もちろん熱といってもデリケ...
血液サラサラってよく聞くけど、あれはどちらかといえば玉ねぎの実のほう。で、皮には皮の良さがあるんだそうです。いやいや、皮って(笑)
アメリカのスポーツメディア『ESPN』の記事によれば、ウォリアーズはファンクラブに向けて、スタジアムに入るためのパスを月100ドル(約11000円)で販売...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan B...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。品種改良によって...
いつ誰がドラッグを隠したのかは分かっておらず、アメリカの麻薬取締局は今でも捜査を続けているそう。
鶏肉は好きなんだけど、ぶよぶよの皮だけは苦手という人、結構いますよね。皮だけはがしちゃうとか。ならばパリパリすればどうでしょう。チキンソテーの皮をもうパリ...
さすがは自由の国アメリカ、としか言いようがない!だって、ささっと落書き……いえ、イラストを描いただけのバナナが、9.99ドル(約1,071円)で飛ぶように...
トマトソルトの甘しょっぱさが、ローストポークやチキン、フライドポテトにバツグンに合うんです!ヨダレがたれてしまう前に、さっそくつくってみましょう。
「The Community Against Preventable Injuries」は、事故や事件、怪我を未然に防ぐために、時にユニークな方法で注意を...