バナナみたいな「ゴリラソックス」

コンクリートジャングルの典型例ともいえるニューヨーク。高層ビルが林立する街で、あるファッションブランドは売り上げを求めるだけでなく、ゴリラも救おうとしています。

環境に「恩返し」をしたい

5092721970642944

「Gorilla Socks」がゴリラを救う理由はとてもシンプル。ライフスタイルで使ってもらえる靴下を提供するだけでなく、環境に恩返しをしたいと考えたからでした。

1組売れるごとにその売上金の10%は、アフリカのゴリラ保護団体「The Dian Fossey Gorilla Fund International」に寄付されます。この資金は、ゴリラの生息地を保護する活動などに使われるようです。

「Gorila Socks」という名前からゴリラに注目してしまいますが、起業のきっかけは「環境に優しい製品を作ろう」というアイデアでした。成長速度が早いのに使用用途が少ない竹はピッタリの素材。これを繊維に変え、靴下を販売することに。

環境に優しく、ゴリラも救える靴下は、1セット約1,700円程度。バナナのような黄色の他にも、多くのバリエーションがありますよ。

Licensed material used with permission by GORILLA SOCKS
体重200キロを超すニシローランドゴリラの愛嬌たっぷり、お茶目な一面を捉えた動画が、世界中で“笑い”を呼んでいます。雨の中、悩みぬいた末にオスのゴリラがと...
カリフォルニア州「The Gorilla Foundation」で暮らす雌のローランドゴリラのココ。彼女の44回目の誕生日を記念して、飼育スタッフは子ネコ...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
渋谷・道玄坂の巨大クラブ「VISION」で音とお酒と踊りを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
Bluetoothで手持ちのスマホとペアリング。それだけで電話の受発信ができる「Banana Phone」です。
スタンダードこそいいものを。
500mlの牛乳パックって、パッケージのクセがつよい。
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
夏に食べるバナナといえばお祭りの「チョコバナナ」でしたが、この夏は「グリルドバナナ」に注目です!!
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
「靴みたいに耐久性がある靴下」「靴下みたいに軽い靴」どちらもあったら嬉しい機能ですが、シカゴのスタートアップ企業が開発したのは、まさにそんな1足。「SKI...
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...