ソウルの靴下屋さんに注目!

韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるようになったのが「MSMR」。靴下屋さんです。

お店の名前は「Ladies & Gentleman」の意味合いが込められていることもあり、ユニセックスのカラフルな靴下やTシャツなどがずらり。下の動画のように冷蔵庫の中に展示されていたり、遊び心を感じられるディスプレイも魅力。

靴下を購入する際には、自分の好きな色の箱とそれを入れる袋も選べます。お気に入りのアイテムを選んだらそれで終わり、じゃないところがいいですね。

カフェを併設していて、店内にはいるとドリンクとフルーツのサービスも。もちろん無料で、可愛さだけじゃなく優しさも満点なこの「MSMR」。観光の定番の街・梨泰院(イテウォン)からアクセスしやすいのも、寄ってみようかなとさせるポイントです。

Top image: © msmrseoul
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
あえて、「夏にしか」履けない靴下を履くのってアリなのでは?そして夏でもサンダルじゃなくスニーカー派の人に、ド派手なトロピカル靴下があるんです。Ryley ...
「Gorilla Socks」は、ニューヨーク生まれのカラフルな靴下。1組売れるごとにその売上金の10%が、ルワンダのマウンテンゴリラを保護するため寄付さ...
こんなときだからこそ、いえ、こんなときだって、日々の活力を生むのはおいしいごはんです。レストランシェフ、料理家、日頃から「食」に携わるみなさまから、“レシ...
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
兵庫県加古川市にてコットンの栽培・製品企画・販売をおこなう「かこっとん株式会社」が「畑から育てた靴下」を開発。
一見缶ビールや缶スープのように見える、「Soup Socks(スープ・ソックス)」&「Soup Socks(スープ・ソックス)」。いつもお世話になっている...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
韓国・ソウルの市議会の行政自治委員会は、ソウルに住む10代のすべての少女に生理用ナプキンを無償で支給することを盛り込んだ条例を可決した。
創業は1837年。世界約50ヵ国で愛されているノルウェー発の北欧シェアNo.1ブランド「Jordan」の人気商品 「GREEN CLEAN」が日本に初上陸。
奈良県の広陵町(こうりょうちょう)は、靴下の町として知られている。小さなエリア内には、40社ほどの靴下メーカーが集まっているという。この町でつくられる靴下...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
インテリアショップ「KEYUCA」が、日本製で298円の靴下を発売中。
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
暑くても、ウイルスや感染症の予防にマスクが欠かせない今、さわやかな着け心地と蒸れや不快感を感じない冷感マスクが登場。洗濯も可能で何度も使用できる。
ビールブランド「バドワイザー」が、コロナ禍で未曾有の危機に直面している音楽やファッション、アートなどのカルチャーシーンを支援するプロジェクト「RE:CON...
スタンダードこそいいものを。
「見ちゃう靴下」ってありますよね。どうやらいろいろとメリットがあるみたいです。ここでは、その理由として考えられている要素を3つ紹介。これをきっかけに、あな...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
〈POINT6〉は、本格的な登山からトレッキング、さらにはサイクリングなど、アクティブなシーンから支持を集めているブランド。ウールのなかでも最高品質のメリ...
なかでも、トイレ盗撮が深刻。ポルノとして世に出回っているそうです。
アメリカ生まれのサステイナブルなソックスブランド「ソルメイトソックス」。日本公式オンラインストアが先週8日(水)にオープン。