「TO&FROのソックス」は、“寝る時の靴下”にオススメ

「パンツの裾とスニーカーとの間から、お気に入りをちらっと覗かせたいんだよね」

実際にそんなセリフを聞いたことがあるわけではないけど、密かにそんな欲望を抱いている人は多いはず。

近年のファッションシーンでグングン地位を高めているソックスのお話です。

©TABI LABO 2019

「TO&FRO(トゥーアンドフロー)」のトラベルソックスは、外出時に履くものじゃありません。

ならば、いつ?

答えは「睡眠中」です。足のむくみを取るためのいわゆる着圧ソックス。

旅に出るとつい歩きすぎてしまって、足の疲れが残ってしまう。そこで、「翌日も元気に旅を続けるため」のソックスを開発したというわけです。

©TABI LABO 2019

足首からふくらはぎにかけて、徐々に圧が緩やかになっていく締め付けの緩急がナイスです。これさえあれば、夜ランの翌朝も元気に出発できそう!

オリジナル素材は、とろっとなめらかな肌触り。ソックスには珍しいキュプラが混合されているのがキモです。コラーゲン付与の特殊加工は、乾燥から足を守ってくれるというオマケ付き。

税込2,160円で、購入はオンラインストアにて。ブルーのほかにグレーもあります。

Top image: © TABI LABO 2019
毎日使える「トラベルグッズ」がいっぱい!
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「ORGANIZER AIR」。“世界最軽量記録”を更新したオーガナイザーです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「BLACK COLLECTION」。ビジネスパーソンのためのシックなコレクションだ。
METoA Ginzaで開催中の「デジタル収穫祭 in Ginza」。食の恵みへの感謝をコンセプトに、農作物を育てる苦労と喜びを同時に体感できます。
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「和トリエ」がコラボレーションした「トラベルティー」です。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「PICNIC SHEET」。旅のお供に最適なコンパクトサイズのクッションシートだ。
トラベルギアブランド「TO&FRO」と「TRAVELER'S COMPANY」がコラボレーションした「トラベラーズノート」です。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「HIP BAG」。こんなに薄いのに、ウェストポーチだ!
〈TO&FRO〉の「レインパンツ」。このブランドは軽量織物の分野で世界的な評価を得ているメーカー発ということで、素材がスゴイ。
「Draft Top」は、缶のフタを切り取れるオープナーだ。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「SHOES CASE」。超ストレッチ素材を使用したシューズケースだ。
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「PICNIC BAG」。保温・保冷機能を搭載したピクニックバッグだ。
アウトドアシーンで実力を発揮する、選ぶべき理由のあるソックスブランドを紹介します。
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
沖縄・宮古島の「シギラセブンマイルズリゾート」では、スギ花粉が飛散する時期に、スギが育ちにくく、植林もほとんどおこなわれないため、スギ花粉によるアレルギー...
今年、創業50周年を迎える日本初のハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」。数より個性で勝負するドムドムの戦略と野望を、藤﨑忍社長が語る。
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
〈TO&FRO〉の「コンフォータブルTシャツ」&「コンフォータブルパンツ」は、吸水・速乾性に加えて抗菌・防臭加工が施された生地を使用。軽くて、肌触りがよく...
スタンダードこそいいものを。
カジュアルブランド「Bershka(ベルシュカ)」は、2019年の春夏アイテムとしてシースルースニーカーを発売。透け感のある素材で作られたスニーカーは、ソ...
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!