「TO&FROのソックス」は、“寝る時の靴下”にオススメ

「パンツの裾とスニーカーとの間から、お気に入りをちらっと覗かせたいんだよね」

実際にそんなセリフを聞いたことがあるわけではないけど、密かにそんな欲望を抱いている人は多いはず。

近年のファッションシーンでグングン地位を高めているソックスのお話です。

©TABI LABO 2019

「TO&FRO(トゥーアンドフロー)」のトラベルソックスは、外出時に履くものじゃありません。

ならば、いつ?

答えは「睡眠中」です。足のむくみを取るためのいわゆる着圧ソックス。

旅に出るとつい歩きすぎてしまって、足の疲れが残ってしまう。そこで、「翌日も元気に旅を続けるため」のソックスを開発したというわけです。

©TABI LABO 2019

足首からふくらはぎにかけて、徐々に圧が緩やかになっていく締め付けの緩急がナイスです。これさえあれば、夜ランの翌朝も元気に出発できそう!

オリジナル素材は、とろっとなめらかな肌触り。ソックスには珍しいキュプラが混合されているのがキモです。コラーゲン付与の特殊加工は、乾燥から足を守ってくれるというオマケ付き。

税込2,160円で、購入はオンラインストアにて。ブルーのほかにグレーもあります。

Top image: © TABI LABO 2019
他の記事を見る
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
〈TO&FRO〉の「レインパンツ」。このブランドは軽量織物の分野で世界的な評価を得ているメーカー発ということで、素材がスゴイ。
〈TO&FRO〉と〈BuddyOptical(バディオプティカル)〉がコラボレーションしたトラベル用サングラス「CARDINAL」です。ギリギリのバランス...
これを履いている時は、シューズを積極的に脱ぎたい。
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
〈TO&FRO〉の「コンフォータブルTシャツ」&「コンフォータブルパンツ」は、吸水・速乾性に加えて抗菌・防臭加工が施された生地を使用。軽くて、肌触りがよく...
こういうのは個々の足の形状にもよるし、絶対的な評価ではないっていうのは承知の上で、このソックスはオススメ。
パーティーのちょっとしたサプライズに使える「Pizza Box Socks(ピザ・ボックス・ソックス)」。箱を開けると、ピザの具材がプリントされた靴下が入...
スタンダードこそいいものを。
世界最高と言われたコーヒーが浅草でノルウェー発の「フグレン」日本2号店Fuglen Asakusa〒111-0032 東京都台東区浅草2丁目6-15htt...
ベースボールベアのワンポイントも、めちゃくちゃかわいい!
「MP Magic Socks」は、生地に編み込まれた銀、銅、亜鉛の金属イオンを含んだ繊維を採用した靴下です。
500mlの牛乳パックって……う〜ん、最高!
2013年にポートランドで始まった、100%プラトニックな添い寝ビジネス『Cuddle Up To Me』。このアイデアが生まれたきっかけは、設立者の壮絶...
カカオ豆からの全行程を店内で手作り中目黒にあるBean to Barチョコレート専門店green bean to bar CHOCOLATE 〒153-0...
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
スヤスヤと眠る赤ちゃん。といえば微笑ましいものの、あまりに静かすぎて「ちゃんと息してるかな?」と心配になった経験はありませんか?気になってまったく眠れない...
なんとな〜く“ヨーロッパのどこかのブランド”と思ってました。調べてみると、この秋冬にデビューした日本のブランド。生産も奈良県だそうで、正真正銘のメイド・イ...
部屋の温度はエアコンやらファンヒーターやらで調節できますが、足元が寒い。そこで〈もちはだ〉のルームソックスです。
韓国・緑莎坪(ノッサピョン)という駅から南山(ナムサン)の麓まで続く道「経理団通り(キョンニダンキル)」。そのなかで、最近、日本人観光客から注目を集めるよ...
たとえば、2週間の海外旅行に出かけるとすると、荷物の量はそれなりに多い。中でも衣服が占める割合は大。トップスやパンツはある程度着回せるとはいえ、実際に肌に...