一石二鳥のスリッパ

旅の移動中、長時間にわたって飛行機や電車のシートに座っていると足がむくんでくる。そんなときに足をリラックスさせ、疲労を溜めないようにする。

トラベルギアブランド「TO&FRO」のトラベルスリッパは、その名の通り「旅行の移動用」に作られたもの。

©2020 NEW STANDARD

でも、普段のルームシューズとして使ったっていい。というか使わなきゃもったいない。

もともと持ち運びが想定されているから、軽いのは当然。中敷にはやわらかい肌触りのSnowy Owlという素材を使用している。これはベビー服にも使われているパイル生地だ。

足を包みこむようなやさしい履き心地で、あなたのおうち時間にくつろぎを与えてくれるのは間違いない。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

旅行用としてわざわざお金を出してスリッパを買うのは“もったいない”という感覚があるかもしれない。

だけど、デイリーユースとして購入し、それが旅でも使えると考えればお得感がある。旅行に出かけるときは半分に折り畳んでオリジナルポーチに入れるだけ。一石二鳥だ。

価格は3850円(税込)で、購入はオンラインストアから。

4色展開だけど、これからの時期は写真のグリーンが涼しげな気分。ネットに入れて洗濯もできるから、常に清潔に保てるのも嬉しい。

Top image: © 2020 NEW STANDARD

関連する記事

おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
いま欲しいルームシューズ。第二回は「loomer」です。
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
興味はあるけど、何からやればいいのかわからない。有識者の話は参考にしにくい。それならまずは身近な人の体験談を聞いて、次のアクションの参考にしてみようという...
いま欲しいルームシューズ。第六回は「トートーニー」です。
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
いま欲しいルームシューズ。第三回は「TEMPUR」です。
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
家のなかに忘れ物を取りに行くときから、共用トイレでの衛生対策まで、便利な使い道が盛りだくさんな「靴を履いたままスリッパ」をご紹介。
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
いま欲しいルームシューズ。第四回は「egos」です。
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「SHOES CASE」。超ストレッチ素材を使用したシューズケースだ。
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...

おすすめ記事

「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
昨年に続き、ニューノーマルを求められる2021年。在宅ワークはたしかに浸透したかもしれない。でも、皆がみな「家=シゴトの場所」とできているかは……。生活の...