一石二鳥のスリッパ

旅の移動中、長時間にわたって飛行機や電車のシートに座っていると足がむくんでくる。そんなときに足をリラックスさせ、疲労を溜めないようにする。

トラベルギアブランド「TO&FRO」のトラベルスリッパは、その名の通り「旅行の移動用」に作られたもの。

©2020 NEW STANDARD

でも、普段のルームシューズとして使ったっていい。というか使わなきゃもったいない。

もともと持ち運びが想定されているから、軽いのは当然。中敷にはやわらかい肌触りのSnowy Owlという素材を使用している。これはベビー服にも使われているパイル生地だ。

足を包みこむようなやさしい履き心地で、あなたのおうち時間にくつろぎを与えてくれるのは間違いない。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

旅行用としてわざわざお金を出してスリッパを買うのは“もったいない”という感覚があるかもしれない。

だけど、デイリーユースとして購入し、それが旅でも使えると考えればお得感がある。旅行に出かけるときは半分に折り畳んでオリジナルポーチに入れるだけ。一石二鳥だ。

価格は3850円(税込)で、購入はオンラインストアから。

4色展開だけど、これからの時期は写真のグリーンが涼しげな気分。ネットに入れて洗濯もできるから、常に清潔に保てるのも嬉しい。

Top image: © 2020 NEW STANDARD
おうち時間の増加にあわせて、いま欲しいルームシューズ(スリッパ)を6種類選びました。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。
いま欲しいルームシューズ。第二回は「loomer」です。
いま欲しいルームシューズ。第一回は「urself」です。
昨年約110万人が来場した大人気映画祭「HIBIYA CINEMA FESTIVAL(日比谷シネマフェスティバル)2020」が、10月16日〜11月8日、...
このスリッパ、一見なんでもないように見えますが、かなりのスグレモノです。まず、履き口が広い。ぺったんこのスリッパで履く時にモタモタしたことが誰でもあると思...
いま欲しいルームシューズ。第六回は「トートーニー」です。
いま欲しいルームシューズ。第三回は「TEMPUR」です。
「TO&FROのサングラス」は、トラベル用のサングラス。あの「BuddyOptical」とのコラボレーションモデルです。
ロンドンのデザインスタジオで製作された、とってもオシャレなスリッパを見つけました。洗練されたデザインも然ることながら、本当に、このまま外履きとしてお出かけ...
クリーニングやコインランドリーにいかずとも、おうちのシャワーだけで布団に蓄積する、汚れやダニや花粉をさっと洗い流せる「ふとん」が誕生。
「TO&FROのソックス」は、睡眠中に履くことで疲れた足をリラックスしてくれます。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「ORGANIZER AIR」。“世界最軽量記録”を更新したオーガナイザーです。
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「CABLE POUCH -MINI-」。わずか23グラムのケーブルポーチです。
シカゴ発〈FITKICKS(フィットキックス)〉のシューズは、スリッパ型。手軽さと動きやすさを両立させているのが特徴で、ヨガやエクササイズシーンで愛用して...
「Le dd dream(レディーディードリーム)」という変わった名前のスリッパです。イタリアのスポーツメーカー〈lotto(ロット)〉がオリジナルで開発...
1938年の創業以来、オリジナリティに長けたイノベーティブなアウトドアウェアを提供し続ける「コロンビア」より、秋冬のキャンプ向けアパレルコレクションが発売。
「THE NORTH FACE」から女性向けマタニティウェアの新作が登場。
〈ISLAND SLIPPER〉×〈BRIEFING(ブリーフィング)〉とのコラボモデルのスリッパは、履き心地抜群。機内で、リゾートで、リッチな気分を味わ...
スペイン・バレンシア南部の街エルチェは、実に1,000以上の靴工場が軒を連ねる、履物産業がさかんな地域。この街で家族経営を営む「CP Slippers」は...
トラベルギアブランド「TO&FRO」の「SHOES CASE」。超ストレッチ素材を使用したシューズケースだ。
環境にも女性にも優しい生理用ナプキン。インドの学生がアイデアを思いつき、特許を出願し、現在は審査を受けているところです。
いま欲しいルームシューズ。第四回は「egos」です。
「SEE SEE」のスリッパです。色で遊べ!#4