1日2足しか作れない「デンマークのスリッパ」

もともとは鮮やかなライムグリーンに惹かれた「egos(イゴス)」のコンフォートスリッパ。

現代生活をシンプルに彩るべく、デンマーク人の姉妹がコペンハーゲンでスタートさせた100%ハンドメイドのブランド。オンラインストアを覗いてみると、ベーシックなカラーも揃っていて、どれにしようかと選ぶだけで楽しい。

ハンドメイドのため、1人が1日に生産できる数はわずか2足。スエードのアウトソールの縫い付けも丁寧におこなわれいて、あらためて「手作業っていいな」とぬくもりを感じることができる。

©2020 NEW STANDARD
©2020 NEW STANDARD

素材はニュージーランド産の100%天然ウール。ウールと聞くと暖かいイメージがあり、冬仕様のように思えるかもしれないが、優れた調湿性と高い断熱性能によって夏は涼しい。もちろん、イメージ通り冬は暖かいため、オールシーズン快適な使用が可能というわけだ。

履き口からつま先までゆったりと丸みを帯びたボディは、足元をやさしく包み込んでくれ、ストレスフリーな履き心地。使うごとに足に馴染み、味わいを増していくだろう。

©2020 NEW STANDARD

企画はデンマークだが、製造はネパール。100%フェアトレードで、開発途上国の発展支援をも担っている。

2サイズ展開で、価格は8250円(税込)。購入はこちらから。

スリッパにしては高価格だが、実際に手に取ると、羊毛をふんだんに使った肉厚で贅沢なつくりを実感できるはず!

Top image: © 2020 NEW STANDARD