1日履いても足が痛くない!?美脚をムリしない「デュアルヒール」。しかもエレガント!

ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くなかれ、デザイナーはもともとスニーカーを作っていた人物。

「デュアルヒール」誕生

長時間履き続けても“痛さを感じない”レディースシューズを再構築したコレクション、それが「Christopher Coy」。ヒール部分が2つに裂けたような、斬新なデザインが身上です。この2本のピンヒールでかかとを支える「デュアルヒール」構造こそ、すべての女性の悩みを解決し、魔法の履き心地をもたらしてくれるもの。

地面の衝撃を一点で支える、従来のかかとを2本にすることで、もう一つ余分な接点が生まれる。ただこれだけのことなのに、かかとに加わる体重が二手に分かれることで衝撃が緩和され足裏の痛みを解消。靴底にかかる圧力も分散でき、少ない衝撃で歩くことができるんだそうです。

スニーカーの機能性を
ハイヒールに応用

このデュアルヒール生みの親であり、Christopher Coyをデザインするのがドイツ生まれ、NY育ちのChristopher Coy Dixon。レディースシューズ・デザイナーとしては異色すぎる経歴の彼。もともとスニーカーシューズのデザインを手がけてきたそうですよ。

「ピンヒールで歩けば、どんな女性だってかかとが揺れる。そこにもっと多くの安定性を付け加えればいいと思ったんだよね

これは、「Fast Company」の紹介記事にCoyが語った言葉。オリジナルのデュアルヒールに加えて、インソールにも衝撃吸収材を大胆に使用。この辺り、安定感や衝撃吸収を追求するスニーカーデザインの発想力をハイヒールに活かしたCoyのアイデアに、世界のファッション業界人が注目しています。

アイデアを授けたのは
テニス界の女王!?

同じ靴でもスニーカーとヒール。180度、真逆とも思えるこの転身、いったいどんな理が?

じつは、レディースブランドを立ち上げの経緯に、テニス界の女王セリーナ・ウィリアムズとの出会いがありました。長年の親友に、セリーナの従兄弟がいたツテで、彼女のファッションコーディネーターを務めたCoy。ある日、彼女のクローゼットにあるヒールの靴を見つけたCoyは、セリーナにこう尋ねたそうです。

Coy:「ヒールのある靴を履いて足は大丈夫なの?

セリーナ:「痛いけど好き。だから無理してでも履いてるの

世界を制したプロテニスプレイヤーが、わざわざ痛い思いをしてまで履く靴。このことをまったく理解できなかったCoy。ついに、女性らしさを残したまま、それでいて痛くないヒール製作を決意。2009年のことでした。

そこからミラノ、ローマ、フィレンツェとイタリアの工房を回り、本格的なレディースシューズ製作を身につけていった遅咲きデザイナーのストーリーが、「VOGUE」でも紹介され注目を集めています。

彼にはひとつだけ、確信めいたものがあったよう。

「伝統のハイヒールを作り続ける職人たちが、気付いていないことがあると思ったんだ。スニーカーを作ってきた自分の知見があれば、すべての女性が快適に履けるハイヒールがつくれるんじゃないか。そう直感的に感じたね」

こうして2016年2月、ついにCoyのコレクションデビュー作となるChristopher Coyが誕生しました。

“痛くない”ハイヒール
コレクション

イタリアの高級なめし革を贅沢に使ったモデルは7点。安定感と痛くなさが自慢です。

どんなにエレガントでセクシーに見えても、足の痛みで表情に無理が出てひきつったりしては本末転倒。デュアルヒールという新しい選択肢、これちょっと気になるかも。ちなみに価格帯は、日本円にして5万円〜12万円だとか。

Licensed material used with permission by Christopher Coy
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
ヒールの高さは、その日の気分を決める大事なポイント。結婚式やパーティ、ちょっと高級なレストランに行くときは高めのヒールでキメたいし、友だちや彼氏とのおでか...
「オシャレは我慢」とはよく言われることですが、その典型的な例は“足元”ではないでしょうか。本音を言えば、疲れにくいスニーカーを履きたいけれど、美しさを演出...
2016年に誕生したgaugeが創り出すのは、“あなただけ”のハイヒール。デザインはもとより、長さ、横幅、振り角(カーブ)までもが掛け合わされると、その数...
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
アパレル業界で問題視されている、生地のから出る大量のゴミ。ニューヨークのとあるファッションデザイナーが、100%廃棄物を出さない服を製造する新ファッション...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
アパレル業界では、大量の生地の切れ端がゴミとして捨てられている。この廃棄物に目をつけたのが、ファッション・デザイナーDaniel Silverstein。...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
デザインを気に入って買ったのに靴ずれができてしまった。ぴったり!と思って1日履いたらマメができてしまった…。そんなトラブルや痛みなどなく、好きな靴を履けた...
トレンドの洋服をリアルタイムで、しかもお手頃価格で販売する「Choosy」。ファッション好きにはたまらない新サービスです!
個性的な服をうりにしている「By Natacha Baco」。アフリカにインスピレーションをうけているフランスのファッションブランドです。思わず見入ってし...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
仕事で中国と日本を行き来するようになって約5年。今では1年の半分以上を北京で過ごしています。そんな、私が一番面白いなあと感じているのは、社会全体の大きな変...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
2002年にファッションレーベル「Daydream Nation」を立ち上げ、香港を拠点に活動するKay Wongさん。今では洋服を作るのをやめて、こんな...
きらびやかな衣装を身にまとい、人々を魅了するプロパフォーマーMarawa Wampさん。注目すべきは、彼女の足元。しなやかに伸びる足先は、なんとハイヒール!?
私が暮らすスペインと日本とでは、「サステイナブル」の考え方が根本的に異なると感じています。では、どう違うのか?第三回目となる今回は、あるファッションブラン...
某ファーストフードチェーンおよび某国際輸送物流会社を意識したセレクトです。
ファッション・ライフスタイルブランド「Julia Janus」の2017,18年秋冬コレクションのムービーは、一般人の老若男女がモデル。年齢や体型も多種多...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...