ドイツ生まれ。「ヒール」の高さが替えられる靴

ヒールの高さは、その日の気分を決める大事なポイント。結婚式やパーティ、ちょっと高級なレストランに行くときは高めのヒールでキメたいし、友だちや彼氏とのおでかけなら歩きやすくてカジュアルな低めに、仕事のときはその中間くらい?というところでしょうか。

そんな風に何足も揃えていると、ヒールの高さがちがうだけで、似たようなデザインのものがズラリ…なんてことも。さっそく、そんな悩みを解消しましょう。

ワンタッチで自由自在に
ヒールを変える

靴作りの本場、ドイツで生まれた「mime et moi」は、ヒールの部分だけを付け替えることができる靴。

その仕組みは、いたってシンプル。レバーとクリップを組み合わせることで、ワンタッチで付け外しできます。しかも、軽い力で取り外せるのにしっかり固定されるんです。

付け替えられるヒールは、ピンヒール(10cm/7cm)、通常ヒール(10cm/7cm)、そして低いフラットヒールの、全部で5種類。

交換用にヒールの部分だけを持ち歩けば、仕事では高いヒールを履いて、仕事が終わったらフラットなヒールに、なんて使い方もOK。「旅行に持っていくのに便利♪」なんて声も多いみたいです。

ドイツらしい洗練されたデザインは、スタイルを選ばず合わせられそうです。

スタンダードなモデルは175ユーロ(約20,000円)。何足も買い揃えることを考えれば、お得ですね。

残念ながら現在はヨーロッパのみの発送ということですが、2017年の2月には世界中にシッピングできるように準備を進めているそうです。

Licensed material used with permission by mimeetmoi, (Facebook), (Instagram)
他の記事を見る
ヒールを履いたとき特有の「足の痛み」や「歩きにくさ」。多くの女性が我慢に我慢を重ねてきたあの悩みを、画期的なデザインで解消したハイヒールがあります。驚くな...
靴は人間を支える大切なパーツ。靴にはお金を一番掛けた方がいいと俺は信じている。紳士靴を学ぶなら香港がベストだ。
2016年に誕生したgaugeが創り出すのは、“あなただけ”のハイヒール。デザインはもとより、長さ、横幅、振り角(カーブ)までもが掛け合わされると、その数...
ドイツに引っ越して来てから、「ボードゲームやるから遊びに来ない?」と誘われることが多くなった。親戚の集まりでボードゲーム。友だちとボードゲーム。飲みながら...
7月19日にMoritz Fiegeを製造するブルワリーが、新しいボトルを購入しているけど生産が追いつかないため空き瓶を返却して欲しいと、Facebook...
ビジネスやランニング、トラベルなどの多くのシーンに対応できるように開発されたのが「Shooz」。靴を2つのパーツに分けることで、自分だけのカスタマイズがで...
スニーカーを株のように取引できるWEBサイト「StockX」にも注目されるほどの存在で、欧米ではちょっとした有名人です。
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
1919年、ドイツに設立された美術学校「バウハウス」。あれから100周年を迎える今年、同校を記念して造られたバスが登場。中ではワークショップやエキシビショ...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
一見すると、靴ひも結びが面倒だ!という人のためだけに作られたもののようにも見えますが、いろいろな用途があって楽しいのがこの「Zubits」。仕組みはとても...
フォトグラファーRobert Götzfriedさんは、ドイツのボーリング場だけを撮影するプロジェクトを始めました。どれも個性の強いものばかりで、眺めてい...
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...
コロコロ変わる4月の天気にやられてか、私は風邪をひいた。日本から最低限の薬は持ってきていたが、冬の乾燥で何度か風邪をひき、もうストックもない。そんなわけで...
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
紹介するのは「Über den Tellerrand」という団体。移民や難民の人たちの母国料理や文化を近隣コミュニティの人に体験してもらうプロジェクトを多...
「Ping Pong Door」は、名前からも想像できるように、卓球台に変身するドアです。家に親戚や友だちが遊びに来たときに、ワイワイ盛り上がれそう。ビー...
「オシャレは我慢」とはよく言われることですが、その典型的な例は“足元”ではないでしょうか。本音を言えば、疲れにくいスニーカーを履きたいけれど、美しさを演出...