Reebokの新スニーカー「コットンとトウモロコシ」

2017年、サステイナブルなシューズを開発していくと発表したReebok。そんなブランドの新作がコチラ「NPC UK Cotton + Corn」です。

アッパーにはオーガニックコットン、ソールには工業用トウモロコシが使用されています。また、インソールにはトウゴマの実のオイルが使われていて、素材の一部ではなく、100%すべてがリサイクル可能な、完全にサステイナブルなシューズになっています。スゴイ!

価格は95ドルと、昨今の高級化するスニーカーシーンを考えると、決して高価なわけではありません。そのせいもあってか、かなり人気が高いようで、日本のBUYMAでも現在入荷待ちとなっています。

今後も同ブランドの開発チームは「持続性のある」シューズを開発していくということ。

そういえば、Reebokに限らず、サステイナブルなシューズはいろんなメーカーが発売していますよね。しかもカッコイイものが多い!

5477880494555136
© 2018 Reebok
5356906247880704
© 2018 Reebok
6019616128106496
© 2018 Reebok
Reference: Reebok
Top image: © 2018 Reebok

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」で好奇心をサクッと満たそう!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
「オシャレは足元から」なんてセリフがあるように、ファッションにおいて大きな重要性を持つ「靴」。この言葉、大抵の場合は革靴を指して使われているようですが、こ...
毎年約150万キロも捨てられているチューインガムをスニーカーへとアップサイクルしたオランダ・アムステルダムのプロジェクト。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
夏の終わりから秋にかけて、天気が変わりやすい日が多くなります。急な夕立に見舞われて靴がぐしょぐしょになったり、フェスなどで雨に降られてお気に入りのスニーカ...
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
ミントタブレット、適当に選んでませんか?
ここ数年、空前のスニーカーブームが続いていますが、正しいスニーカーのお手入れの仕方は意外にも盲点。果たして子供の頃の運動靴みたいに、ジャブジャブとタワシで...
自分の足にぴったりのフィット感にできるところが、ひものついたスニーカーのいいところ。でも、脱ぎ履きするたびにいちいち結び直すのも大変だし、無精してそのまま...
どう見てもいわゆるハイヒールのそれ。なのに、驚くほど歩きやすく、足にフィットして痛くもない。まるでスニーカーのような履き心地だとか。アヤシイ。が、これが本...
「Mandem Safe」はAdidasとNikeの箱に収まるようにデザインされた金庫です。
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
空気圧をクッションに使った「エアマックス」、柔らかさと反発性を兼ね備えた新素材「ルナロン」など、次々と新しい技術をスニーカーに投入してきたNike。そのN...
大人になって長靴を履くのもカッコ悪いし、防水のトレッキングシューズでは重すぎる。かといってスニーカーでは靴下まで濡れてしまうし…。雨の日の「足下セレクト」...
TVを見ながら、注文したピザを待っているとき、ここは絶対見逃せないってシーンに限ってピザのご到着。いま手が離せないんだよ!ってね。この経験に少しでも心当た...
「SPALWART」「NOVESTA」「ZDA」あまり馴染みのない固有名詞かもしれませんが、これらはすべてスニーカーブランド。加えて、ある共通項が。いずれ...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
スニーカーに全く詳しくない私ですら、「Air Force1」や「Air Max」は知っています。一時期よりは少なくなった印象があるけれど、依然として街中で...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
「UNEEK」の秋冬モデル「UNEEK HT」。見た目としては、“UNEEKがちょっとだけスニーカーよりになった”といったところ。ちゃんとインナーが付いて...
〈MOONSTAR(ムーンスター)〉の「RALY W」です。起毛感のあるモールスキンのアッパーは秋冬にピッタリ。実際、保温効果もあります。色味も落ち着いて...