自分で作った靴のデザインが本物に!?「キッザニア」で「スニーカーデザインコンテスト」開催

「キッザニア」の職業体験で作った靴が、本物のスニーカーになるかもしれない。

子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日〜12月31日、靴のデザイン作品を募集する。

募集テーマは「はく人が『笑顔になれるくつ』のデザイン」。受賞するとシューズメーカー「ムーンスター」が作品を元に靴を制作。世界に一足だけのオリジナルスニーカーがプレゼントされるという夢のあるコンテストだ。

エントリーは、「くつ工場」パビリオンで「くつデザイナー」としてパーツごとに色や模様をつけたデザインシートを作り、その写真などをInstagramに投稿。

さて、3歳〜15歳までの子どもたちが自由な発想でデザインしたら、どんな靴が生まれるのだろう?

©株式会社ムーンスター
©株式会社ムーンスター

KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト
【開催期間】10月20日~12月31日
【詳細ページ】https://www.moonstar.co.jp/kidzania/award2020/

Top image: © 株式会社ムーンスター
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事