自分で作った靴のデザインが本物に!?「キッザニア」で「スニーカーデザインコンテスト」開催

「キッザニア」の職業体験で作った靴が、本物のスニーカーになるかもしれない。

子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日〜12月31日、靴のデザイン作品を募集する。

募集テーマは「はく人が『笑顔になれるくつ』のデザイン」。受賞するとシューズメーカー「ムーンスター」が作品を元に靴を制作。世界に一足だけのオリジナルスニーカーがプレゼントされるという夢のあるコンテストだ。

エントリーは、「くつ工場」パビリオンで「くつデザイナー」としてパーツごとに色や模様をつけたデザインシートを作り、その写真などをInstagramに投稿。

さて、3歳〜15歳までの子どもたちが自由な発想でデザインしたら、どんな靴が生まれるのだろう?

©株式会社ムーンスター
©株式会社ムーンスター

KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト
【開催期間】10月20日~12月31日
【詳細ページ】https://www.moonstar.co.jp/kidzania/award2020/

Top image: © 株式会社ムーンスター
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

本格的なレザースニーカーを自分で簡単に作れる靴製作キット「Sneaker Kit」が日本に本格上陸。応援購入サービス「Makuake」にて先⾏予約をスタート。
中国で先行発売し好評を得た「着物KIMONOスニーカー」と「帯OBIスニーカー」が凱旋リリース。和装需要も職人も減少し、むしろ海外が日本文化を理解し評価し...
スニーカーは選ぶのではなく、変化させる時代になるのかも。理想のデザインとの出会いが稀で、新しく買った洋服とのマッチングが気になったりすること、あるかもしれ...
デザインの観点からも多くの支持を集めている自動車企業「テスラ」が、もし靴をデザインしたらどのような外見をしているのだろうか?
先月、ニューヨーク市の動物福祉局は、食肉の消費量削減目標を達成するため、肉の消費を控えるよう市民に訴えかける電子メールを送付した。
NIKEが発表したリリースによると、オーダメイドスニーカーのオーダーをしてから、たったの90分で製造を仕上げてしまうそうです。ここでは、その仕組みを紹介。
2020年、進化を遂げた各ブランドのスニーカーのなかから、2021年のスタートダッシュにおすすめのものを6つ紹介する。「デザイン」や「機能性」ばかりでなく...

人気の記事

「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
母親たちが経験する授乳の苦労をリアルに描いたこの動画に、共感の声が集まっている。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...