アメリカ政府主導の「マスクデザインコンテスト」が開催!

米国バイデン政権は、マスクの優れたデザインアイデアに賞金を出すコンテスト「マスク・イノベーション・チャレンジ」を開始することを発表。

賞金総額は、なんと50万ドル(記事執筆時約5500万円)だ!

同コンテストは、米厚生省の「国立労働安全衛生研究所(NIOSH)」「生物医学先端研究開発局」との共同で実施。

審査にあたっては、もちろん新型コロナウイルスへの有効な感染対策と、将来の「公衆衛生上の緊急事態」に向けた安全基準が求められるほか、フィルター効果息のしやすさフィット感などが審査基準となっているようだ。

賞金獲得の資格については、米市民または永住者であることが求めらており、審査は1次、2次に渡っておこなわれる。

1次審査では、最大10種類のデザインが選出され、その時点で最大1万ドルの賞金を授与。

2次審査では、試作品の提出が可能となり、量産の可能性が検討されるほか、優秀なデザイン5種には、賞金計40万ドルが贈られるという。

締め切りは米東部時間の4月21日17:00

国家が主導するデザインプロジェクト。はたして、どのようなマスクが生まれるのだろうか……?

Top image: © iStock.com/adamkaz
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事