泳ぐだけで「海を綺麗」にする、セクシービキニが話題に!

着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!

海のゴミを集めてくれる
地球に優しいビキニ

th_スクリーンショット 2015-10-22 15.31.04このセクシーなビキニ「スポンジ・スーツ」は、カリフォルニア大学、電気工学科のMihri Ozkan教授が開発したもの。使用されている素材がキモで、海に漂う石油や化学物質を吸収する特殊なスポンジになっています。

UCR Today」によれば、この素材は本体の25倍の重量まで物質を吸収することが可能。汚染物質は、約537度で熱しない限り放出されることはなく、スポンジ内に留まるため肌に触れることはありません。さらにこのスポンジは交換可能なため、どれだけ吸収しても安心。

動画では、油を吸収する様子(3分30秒)が紹介されています。 

機能だけでなく
デザインも高評価!

デザインを担当したのは、建築設計事務所のEray Carbajo社。 3Dプリンターを使って、何度もデザインと機能性を追求したのだとか。結果、このビキニは2015年に行われたReshape15というウェアラブル・テクノロジーのコンテストで見事優勝しました。

現在、発売日と価格は未定。人が多く集まる海水浴場の方がキレイになる、なんて言われる日がくるかもしれませんね。

Reference : UCR Today
Licensed material used with permission by University of California Riverside / Eray Carbajo

浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
世界の海に浮遊する海洋プラスチックゴミを再利用して、海中に持続可能な都市空間を建設する。発想が飛躍しすぎて、もはやSF映画のようですよね。これを大真面目に...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
アムステルダム国立美術館の前に設置されていた巨大な「I amsterdam」の文字が、12月3日の朝に解体されちゃいました。記念写真を撮影しようと思ってい...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
ドイツ・べルルで、チョコレート工場から大量のチョコレートが流出。流出した量はなんと1トン。真冬の冷たいコンクリートの上ですぐに固まり、まるで道路に張り付く...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
これは、7月26日にスウェーデンの警官ミカエラ・ケルナーさんが、自身のInstagramに投稿し、世界中で話題になっている画像です。非番だった彼女は、友人...
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。
2017年4月、東京からサンフランシスコまで太平洋を泳いで渡る。こんな途方もない計画を立てている男がいる。ベン・ルコント(49)がその人だ。じつは彼、これ...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。