泳ぐだけで「海を綺麗」にする、セクシービキニが話題に!

着ているだけで海をキレイにしてくれる。そんな魔法のようなビキニが、米で話題が沸騰中!

海のゴミを集めてくれる
地球に優しいビキニ

th_スクリーンショット 2015-10-22 15.31.04このセクシーなビキニ「スポンジ・スーツ」は、カリフォルニア大学、電気工学科のMihri Ozkan教授が開発したもの。使用されている素材がキモで、海に漂う石油や化学物質を吸収する特殊なスポンジになっています。

UCR Today」によれば、この素材は本体の25倍の重量まで物質を吸収することが可能。汚染物質は、約537度で熱しない限り放出されることはなく、スポンジ内に留まるため肌に触れることはありません。さらにこのスポンジは交換可能なため、どれだけ吸収しても安心。

動画では、油を吸収する様子(3分30秒)が紹介されています。 

機能だけでなく
デザインも高評価!

デザインを担当したのは、建築設計事務所のEray Carbajo社。 3Dプリンターを使って、何度もデザインと機能性を追求したのだとか。結果、このビキニは2015年に行われたReshape15というウェアラブル・テクノロジーのコンテストで見事優勝しました。

現在、発売日と価格は未定。人が多く集まる海水浴場の方がキレイになる、なんて言われる日がくるかもしれませんね。

Reference : UCR Today
Licensed material used with permission by University of California Riverside / Eray Carbajo

関連する記事

フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
2019年12月にスタートした日本初の3Dプリンターによる住宅建設プロジェクトから、「Sphere」と呼ばれるプロトタイプデザインが公開された。
2019年までにオフィスや社員食堂から使い捨てプラスチックを廃止すると明言し、環境対策に力を入れているVolvo。少しでも水質汚染を良くしようと、彼らはシ...
4月21日に米「facebook」が運営する「Instagram」はいじめやヘイトスピーチの対策機能を追加すると発表。新しく追加される機能は「フォロー外か...
毎年アメリカで行われている「Sexiest Vegan Next Door Contest」。エントリーしたヴィーガンの人の中から最もセクシーな人を選出す...
NPO団体「Thinking Huts」とデザイン事務所「Studio Mortazavi」は、マダガスカルに3Dプリンターを用いて学校を建設するプロジェ...
世界で問題視される海洋ゴミ。その主なひとつとなっている漁網をリサイクルした新コレクション「GNB×russet Sustainable Collectio...
ニューヨークを拠点にするデザイナーAria McManusさんが製作した「Towelkini」。“タオルキニ”の名の通り、ふたつを合体させちゃったアイテムです。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
ファッションブランド「KoH T」より、サッと取り出しクシャッとしまう、身に付けるエコバッグ「Pebble」が登場。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
5月ももうすぐ終わり。はやくも夏めいてきてます。海行きてー! って思ってなくても、ためしに原宿に行ってみて。
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
2018年6月に、アメリカン・エキスプレスが海に漂流しているゴミを材料としたクレジットカードを製造し、1年以内に実用化させると発表しました。
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
中央アメリカ・ベリーズの島にある、自然溢れるコワーキングスペース。大都会にあるソレと比較したらデザイン性や利便性の面では劣るけど、開放感は抜群。疲れたらハ...
オランダのデザインスタジオ「The New Raw」はユニークな方法を使って、ゴミを減らしつつ、プラスチックの大量消費に対して注意を向けさせています。
「3Dプリンター」を使った「代替肉」の開発がスタート!
海を漂流するプラスチックゴミをはじめ、世界中で深刻な問題となっているのが投棄される産業廃棄物。この問題に対して、まったく新しい切り口からアプローチする取り...
世界中のコスプレイヤーの力で海を一緒に守っていこうというアクション。海洋ごみを減らす衣装の作り方や、再利用による衣装の作成等、衣装を造作する上での海洋ごみ...
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
オーストラリアのサーファーたちがつくった海専用のゴミ箱「The Seabin」は、水面に設置すると、近くに浮かぶゴミを海水ごと飲み込む仕組み。
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
今月から「日本環境協会」運営する認定制度「エコマーク」にて、海洋プラスチックごみを再生利用した製品を対象とする認定がスタートした。
食糧危機に備え、4Dプリンターで“フルーツ”を生み出すプロジェクト。
部屋がまるで海の中みたい!DIYで組み立てる、愛らしいランプシェードを見つけました。