高い建物ほど強い!?アメリカのランドマークをかたどった「チェス」

知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。

そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでかたどったプロダクトがEtsyにありました。

高層建築が
チェスの世界に

キング、クイーン、ビショップ、ナイト、ルーク、ポーン…チェスの駒は、ヨーロッパの宮廷を抽象化したものと言われています。一方でランドマークになるような超高層ビルたちは、施工者の技術と資金を誇示するためのモニュメントと言っても過言ではありません。

チェスの駒が封建時代の権威を形にしたものだとしたら、高層建築物はさしずめ資本主義時代の権威の象徴といったところ。

高い建物ほど、強い

たとえば、こちらは「シアトル」の駒。

・キング:コロンビア・センター
・クイーン:ツー・ユニオン・スクエア
・ビショップ:スペース・ニードル
・ナイト:ラッセル・インヴェストメント・センター
・ルーク:レーニア銀行タワー
・ポーン:シアトル公共図書館

となっていて、地上高の高い順から強い駒になっているんです。

すべての駒は
3Dプリンタ製

立ち並ぶ姿も美しいこの駒は、3Dプリンタで作っているそう。価格は大きさによって96〜194ドル(約1〜2万円)。チェスボードはプラス50ドル。 お部屋を知的に演出するアイテムとして、あるいはお土産にいかがですか?

Licensed material used with permission by Abraham Ruiz
チェスが好き、興味があるという人に紹介したい「Square Off」。これ、AIによって駒が自動で動くという魔法のような代物です。専用のアプリを介せば、相...
「Square Off」は専用アプリをペアリングさせれば、オンライン対戦をリアルで再現してくれます。
米スタートアップ企業「ICON」が開発したコンクリートを出力する3Dプリンターを24時間の稼働させ、2つのベッドルームとキッチン、バスルームを有した約45...
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
ワシントン州に位置するキング郡の地方選挙にて、全米初となるスマートフォンを使った投票が実施。
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
イスラエルのテルアビブで創設されたスタートアップ企業「Redefine Meat」が2020年の商品化を目指して「代替肉専用3Dプリンター」の開発を進めている。
「SUSHI TELEPORTATION」は、食のデータ転送を実現して、世界中どこにいても、3Dプリンターで好きな料理を再現できるようにするというプロジェ...
8月20日、ジャガー・ランドローバーが新たなヘッドアップディスプレイを開発中だと発表した。フロントガラスに進路案内や警告文字を投影する予定だ。
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
環境に配慮した取り組みを続けている世界第2位の食品会社「ペプシコ」が、年内にアメリカの拠点のすべてを再生可能エネルギーのみで稼働させると発表。既にヨーロッ...
彼女の名が知れるようになったきっかけは、通っていたデザインアートスクールの卒業制作。そこで彼女は家庭用3Dプリンタと「FilaFlex」と呼ばれる素材を使...
食糧危機に備え、4Dプリンターで“フルーツ”を生み出すプロジェクト。
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
eスポーツ界にIKEAが参入。世界に約20億人いると言われるゲーマーたちが快適なゲームライフを送れるよう、アメリカの3Dデザイン会社UNYQと協力して、専...
2010年より始まった各州及び海外領土の記念硬貨を発行するプログラム「アメリカ・ザ・ビューティフル」の一環で発行される同硬貨。今回はアメリカ領サモアにある...
今年3月より、日本からイスラエルへ初の定期直航便が就航。
くら寿司のアメリカ展開店舗「KURA REVOLVING SUSHI BAR」。日本では食べられないローカルメニューベスト3を紹介します。
貧困層の生活を支援するNPO「New Story」と建築デザインのスタートアップ「Icon」は、3Dプリンターで印刷した家を建てることで、貧困を解決することに。
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...