高い建物ほど強い!?アメリカのランドマークをかたどった「チェス」

知的なゲームとしての一面はもちろん、その美しい駒がインテリアとして愛されることも多い「チェス」。

そんなチェスの駒を、アメリカの有名な都市のランドマークでかたどったプロダクトがEtsyにありました。

高層建築が
チェスの世界に

1b5f0ee68dc7691e396ef6a53aaa629eca042cff

キング、クイーン、ビショップ、ナイト、ルーク、ポーン…チェスの駒は、ヨーロッパの宮廷を抽象化したものと言われています。一方でランドマークになるような超高層ビルたちは、施工者の技術と資金を誇示するためのモニュメントと言っても過言ではありません。

チェスの駒が封建時代の権威を形にしたものだとしたら、高層建築物はさしずめ資本主義時代の権威の象徴といったところ。

高い建物ほど、強い

83cc6e81260acebc956ea1d6273a7acb456db0a0

たとえば、こちらは「シアトル」の駒。

・キング:コロンビア・センター
・クイーン:ツー・ユニオン・スクエア
・ビショップ:スペース・ニードル
・ナイト:ラッセル・インヴェストメント・センター
・ルーク:レーニア銀行タワー
・ポーン:シアトル公共図書館

となっていて、地上高の高い順から強い駒になっているんです。

すべての駒は
3Dプリンタ製

F5e1e940121b3bd8a6d34fd891bc9fac60951b64

立ち並ぶ姿も美しいこの駒は、3Dプリンタで作っているそう。価格は大きさによって96〜194ドル(約1〜2万円)。チェスボードはプラス50ドル。 お部屋を知的に演出するアイテムとして、あるいはお土産にいかがですか?

Licensed material used with permission by Abraham Ruiz
「Obsidian」というネーミングの3Dプリンターが、わずか99ドル(約10,800円)という価格でリリースされたのだ。クラウドファンディング「Kick...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
17.2×11.5×14.8cmとコンパクトサイズの本格的な3Dプリンターがこちら。使い方も手軽で、1個99ドル(約11,000円)という価格の手頃さも合...
ついに、3Dプリンターによってつくられた橋が建設されました。鉄筋コンクリートで、コンピュータの計算によって、パラメトリックデザインという、使用する素材を最...
え?文字通り「手の中にある宇宙」!?こちらは海外で話題になっている、リアルでかわいい惑星アイテムです。実は3Dプリンターで作られたもの。販売しているのはロ...
言わずと知れた名器「ストラディバリウス」。時に10億円を超えるそれは、ヴァイオリニストならば一度は弾いてみたいと思う垂涎の逸品です。300年以上の時を超え...
貝殻のやどを背負って歩いては、快適な新居へと引っ越しをする彼ら。しかし、ちょっと普通と違って「透明なやど」を借りているオシャレなヤドカリの写真が話題になっ...
現存する世界最古の木造建築といえば、言わずと知れた法隆寺。で、およそ1400年後の現代において、NYセントラルパークに世界で最も高い木造タワー建造計画が持...
家って「建てる」ものだと思っていました。土台を築いて、骨を組んで、壁を打ち付けて…。大規模な設備と長い時間が必要なものだと。でもこれからの時代、たったひと...
3Dプリンタを使用しての義歯製作は、今やさほど珍しい話ではない。だが、その義歯が“虫歯にならない歯”となると話は別だ。人類にとって夢のような歯の実現、その...
目の不自由な人たちが絵画を楽しむには、どうすればいいのか?フィンランドのデザイナーが考案した、“触れることのできる”絵画が、注目を集めています。3Dプリン...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
お腹のなかの赤ちゃんの様子を知る超音波エコー検査は、妊婦さんやパパが初めて胎児の表情をうかがい知る機会。けれど、視覚障害の人たちは心音は聞けても表情を見る...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
アーティストGarret Kaneが制作したのは、地球の化身のようなアート。コアの部分は3Dプリンターで制作し、その周りを自然のもので装飾しているらしい。
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
何年か前に編み物に挑戦したことがある。一度やったことがある人ならわかると思うのだけど、何度も繰り返し編む作業はなかなか根気がいる。それに、編み方を間違えた...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
ハーバード大学が今年の卒業スピーチに指名したのは、Facebookのマーク・ザッカーバーグ。ちょっと心配そうな彼がアドバイスを求めた相手は、ちょうど今から...
背中や肩に絵がれたスカル、蛇、バラの花…タトゥーに好んで用いられるこれらのデザイン。それを3Dで表現してみたら……。イギリス在のアーティストBilly B...