オンラインで開催された「チェス世界大会」が.....まさかの結果に!

偶数年に「国際チェス連盟」によって開催されるチェスの大会「Chess Olympiad」

今年は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により初めてオンラインで開催されたが、その“異例の結末”が話題を呼んでいる。

8月30日におこなわれたインド対ロシアの決勝第2ラウンドにて、対局中、インドのNihal Sarin選手とDivya Deshmukh選手のインターネット接続が切断

そのまま時間切れとなり、当初は負けとなったインドだが、結果に異議を申し立てたところ、主催者である国際チェス連盟内で話し合いがおこなわれることに......。

1時間ほど協議されたものの、接戦がゆえ全会一致の結論が出ず、結果、国際チェス連盟長であるArkady Dvorkovich氏によって「双方優勝」が宣言されたのだった。

Nihal選手、Divya選手と共に戦ったインドチームのViswanathan Anand選手はTwitterにて「We are the champions!! Congrats Russia!!(私たちはチャンピオンだ!おめでとう、ロシア!)」と勝利の喜びを分かち合った。

© International Chess Federation/Twitter
© Viswanathan Anand/Twitter
Top image: © Happy cake Happy cafe/Shutterstock.com
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事