「ボディペイント」世界大会の画像がスゴい!ハリウッドの特殊メイクも真っ青!?

世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催された。20年以上続くこの大会は、毎年オーストリアの小さな街ペルトシャッハにて行われる。今年も、世界45ヶ国以上の国々から、プロのメイクアップアーティストやボディペインターらが集結した。

bodypaintingfestival31251581

Body-Painting (6)

Body-Painting (7)

大会の様子を伝える「Mirror Online」の記事は、20年前まではほどんど知られていなかったボディペイントという芸術表現が、この大会によって、アートムーブメントになりつつある様子を紹介している。

熱狂的なファンが増え続け、回を追うごとに規模が拡大。今年はおよそ30,000人が来場した。ボディペインティングだけでなく音楽ライブ、ダンス、パフォーマンスと、身体を使ったアートを3日間に渡って堪能できる。この他、メイクアップアーティストによるデモンストレーションやワークショップも開催され、プロの技術を間近で体験することも可能だ。

Body-Painting (2)

Body-Painting (5)

さて、コンテストは各部門に細かく別れており、オーソドックスな技術を競う「ブラシ/スポンジ部門」「エアブラシ部門」、ほとんどコスプレ状態の「特殊メイク部門」、さらにはブラックライトの下での表現を競う「UVボディペインティング部門」など、各ジャンルでの優秀賞が選出される。

美術館に展示される芸術作品とは対照的に、こちらは人間の身体をキャンバスにしたコンテンポラリーアートだ。もちろん、雨が降れば絵の具はにじむし、汗でもペイントが落ちてしまう。絶えず変化する状況に合わせて顔料や配色を選び、エキセントリックな作品に仕上げていく。

Body-Painting (14)

Body-Painting (12)

Body-Painting (8)

Body-Painting

Body-Painting (9)

Body-Painting (13)

Body-painting (10)

もはや、ここまでくると異次元過ぎて理解不能?でも、これが最先端ボディペインティングであることは間違いない。

 Reference:Mirror Online
Licensed material used with permission by World Bodypainting Festival

タトゥーよりもビビッドで、ブラックライトで照らすと光る、ド派手なボディペイントとして話題になっているのがコレ。しかも、驚くほど気軽に遊べるのが特徴なんです...
偶数年に「国際チェス連盟」によって開催されるチェスの大会「Chess Olympiad」。今年は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により初めてオ...
右の画像、一見イラストのように見えますが、じつはボディペインティングでコスプレした女性の姿。彼女のInstagramにアップされたアメコミらしさ満点の“動...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
今年で48回を迎えるはずだった「ホノルルマラソン」の開催中止が決定した。withコロナでの「開催叶わず」に多くのランナーをはじめ、ハワイを愛する人たちの悲...
夕暮れ迫るローマ・コロッセオ。が、どこかに違和感を覚えた人もいるでしょう。もう一度、じっと写真に目をやると…どうです?見えちゃいけないものが見えてきたでし...
もう半年以上も前のイベントになってしまうのですが、2月16日と17日にサインスピナーの世界一を決める大会がラスベガスで開催されました。
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
どんな人でも、皮膚の下には筋肉があり、血管がある。自分の身体でさえ日常の中であまり意識することはありませんが、「もし皮膚が透けていたら、その下はこうなって...
「ハウステンボス」は、西日本エリア最大級の2万2000発の花火を打ち上げる「九州一花火大会」の開催を決定。withコロナ時代でも、安心・安全に花火を楽しめ...
アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
海外で見かける缶ビールってデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上にいろいろ楽しめる!そんな世界のLovelyなクラフト缶ビールとして、オレンジ色が...
独創的でハイセンスな唯一無二のひげ、ヒゲ、髭。テキサス州オースティンで開催された「世界ひげコンテスト2017」。もはやアートの域に達した、造形物のようなご...
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
ある教師が、740人の生徒を巻き込んで作り上げた「石をペイントするアート」が、Facebookで大きな話題を呼んでいます。彼女の名前は、Jessica M...
2016年の熊本地震から4年。復興の新たな挑戦としてスタートした、創業200年の「浜田醤油」による日本発の「XO醬」。
10月20日、「ゼネラル・モーターズ」が「HUMMER」ブランドの電動自動車「HUMMER EV」を発表した。
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
広島県・廿日市で開催される「ウッドワン けん玉ワールドカップ廿日市」は、新型コロナウイルスの影響により、今年はオンラインで開催。ZoomとYouTubeを...
ナチュラルコスメブランド「ラッシュ(LUSH)」から固形タイプのハンド&ボディローション「チャリティポット コイン」が登場。全国のショップとオンラインショ...
確かに、ボディの一部に木を用いたヘッドホンはこれまでにもありました。が、ここで紹介する「Konohazuk H3」は、ボディ全体が国産ブナ材で形作られたも...
このマラソン大会、毎年ボルドーで行われているもので、ランナーはぶどう畑を通る42.195キロのコースを走ります。20ヵ所以上ある給水地点では、さまざまな醸...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...