サインスピニングの世界大会がExciting!

アメリカの都市をドライブしていると、よく街角で見かけるサインスピニング。レストランやブランドの名前の入ったサインを回して、それらを宣伝するやつですね。

サインスピナーたちはたくさんの人の目を引くため(チップを稼ぐため)にいろんなトリックを考案しています。

ちなみに、彼らの稼ぎは世界トップレベルでも“時給20ドル+チップ”くらいなんだとか。そこまでの高給取りでもないのに人を魅了するトリックができちゃうあたりにプライドを感じます。

とはいえ、日本におけるサインスピニングは超マイナー。下記は2018年のサインスピナー世界一を決める大会の模様です。アクロバティックな動きをしながらサインを使ったトリックは、初見の人でも楽しめるはず!

60秒以内で読める記事だけ。
World Topics」はストリート系もカバー!

60秒以内で読める記事だけ。<br>サクッと好奇心を満たそう!
2015年12月、ラスベガスで開催された大会「World of Dance Las Vegas 2015」で、ダンサーのFik-Shunが見せたパフォーマ...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
こんなに知られるとわかってたら、もうちょっと違う名前にしてたと思う(笑)。
都合の良いお洒落と恋を楽しむ架空の都市のようなコンセプトは、そのほかの作品も同様にあります。
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
今年、固有種や絶滅危惧種などの生息地にもなっている梵浄山が、世界自然遺産に登録されました。これにより中国はオーストラリアとアメリカを抜いて世界自然遺産の数...
Sean Wangさんの母親は、離れて暮らす息子に向けた留守番電話のメッセージを記録していました。WangさんはそれをBGMに動画を制作。
6月11日にシティ・オブ・ロンドンは、同地区で必要とされる電力を2018年10月までに全て再生可能エネルギーで賄うと宣言しました。
違法でフランスに滞在していたMamadou Gassamaさん。非難されるべきだった存在の彼は今年、ある出来事がキッカケでなんと国籍を取得するに至りました。
従来の花火大会のものと異なり、写真ではなくイラスト、しかも秀逸なコピーまで載った5パターンのポスターが、この夏SNS上で話題に。これは第68回呉の夏まつり...
ヘビーユーザーとしては、ありがたい限りです。
つい先日、世界各地の1ドルで飲めるビールの量を公開されました。
在日フランス大使館のTwitterアカウントでもリツィートされていた「Disco Foot」。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
ハウステンボスが今年初めて開催する冬の花火大会『スーパーワールド花火』。花火で世界旅行を楽しもう!というテーマのもと、世界各地をイメージした花火と音楽が打...
子ども用VRヘッドセット「BEYOND」はパノラマカメラと連携することで世界各地を“訪れる”ことができます。
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
一昔前に比べてファッションとしてタトゥーを彫る人が増えた今、「タトゥーはアートだ」という声を耳にしたことがある人も少なくないはず。同意できずにいた人も、A...