ラスベガスの結婚に最適?「インスタ向き」チャペル

1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」。永遠の愛を誓います、という意味のある言葉がそのまま名前に採用されたチャペルです。

以前「World Topics」で紹介した韓国のカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の内観に似ていますね。同じように、「Til Death Do Us Part」でも二次元の世界に迷い込んだような気分が味わえそうです。

このチャペルはホテル「Palms Casino Resort」の中にあります。1時間250ドル(約2万7000円)で、SNSに写真を投稿するための撮影も可能。挙式をあげるなら、500ドル(約5万5000円)から利用できます。

ラスベガスがあるネバダ州は「結婚証明書」も即日交付され、ドライブスルーウエディングなんてものもあるくらい、手軽にできてしまう「結婚式の街」として昔から有名。

思いつきで挙げた式の様子をInstagramで即報告なんていう場合にピッタリなのかも。

「What happens in Vegas stays in Vegas(ラスベガスで起きたことはラスベガスに残る)」という言葉ができるくらい、たくさんの人が羽目を外してしまうラスベガス。このチャペルで、恥とならないウエディングができるといいですね。

Top image: © 2019 Joshua Vides, 2019 Palms Casino Resort
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
6月19日、ラスベガス市が駐車違反の反則金を支払う代わりに、学校への文房具の寄付をしてもいいと認めました。
5月にオープンしたカジュアルダイニング「Chew&Chug」が提供するのは、フードもドリンクもすべて片手で持てるオールインワンのテイクアウト!
「世界一高いホテルのスイートルームのひとつ」と報じられているのは、ラスベガスのパームズ カジノ リゾートに新しくできた一室。宿泊料金は1泊なんと10万ドル...
「Nike」の「JORDAN BRAND」をパートナーに、「Dior」が手がける今回の「Air Diorコレクション」。パーカーやMA-1といった定番のス...