帽子を被った「カウボーイ鳩」がラスベガスで話題に

アメリカ西部の街・ラスベガスで「お洒落をした鳩」の目撃情報が多数寄せられ、話題を集めている。

西部劇に登場するのかのように、綺麗にカウボーイハットを被った鳩。赤色と青色の帽子を被った2匹が現在確認され、それぞれ「Cluck Norris」と「Coolamity Jane」と名付けらた。

専門家は「とくに命に別状はない」と語り、州警察も出動の予定はないという。

しかし、明らかに人間による動物を軽視したこの行為には、多くの批判も集まっており、同州を拠点に活動する鳩救助NPO「Lofty Hopes」が、現在帽子を安全に取れるように2匹の捕獲を急いでいる。

Top image: © iStock.com/Kanawa_Studio
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

日本ではまだまだ知られていない博物館「The Neon Museum Las Vegas」。ここはラスベガスのダウンタウンから北に10kmほど離れた場所に...
1月18日にオープンしたアメリカ・ラスベガスの「Til Death Do Us Part」は、“永遠の愛を誓います”という意味のある言葉がそのまま名前に採...
2月12日、Android上の「Gboard」で絵文字のマッシュアップできる「Emoji Kitchen」がローンチされた。絵文字の要素と要素を自由に組み...
アメカジファンに人気の「ウエスタンシャツ」のパーツに隠された秘密って?
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「UNNAMED HEADWEAR」の帽子は「頭が大きい方がカッコよく被れる帽子」。見た目は普通の帽子と同じだが、着用時のシルエットもかっこよくなるように...
こんにちは。アメリカ・テキサス州に住んでいるMegumiです。今回はちょっと変わった食器用洗剤を買ったお話をさせてください。

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...